ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パイロットの視点が楽しめ、スマホで操作できるドローン「BubDrone」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年、スタートアップ企業がこぞって新しいドローンを開発し、クラウドファンディングサイトで出資を募っている。大きさ・デザイン・機能など様々な特徴を持ったドローンが販売されているが、今度はスマホで操作ができ、パイロットの視点が楽しめるドローン「BubDrone」が登場した

・横幅4cm!暗闇で光る!

BubDroneの大きさは4cm×4cm×2.3cmの小型サイズ。世界最小を謳っているものの、実際にはこれより小型のドローンは既にリリースされている。

ただし小型の分バッテリーの性能はやや悪い。飛行可能時間は20分の充電で8~10分ほど。30メートルの高さまで飛行が可能で、360度回転もできる。

羽が4個本体に付いており、その下の赤と青のライトが光るので、夜間の飛行にもピッタリだ。

・スマホで操作&パイロット視点!

小型のドローンは珍しくなくなってきているが、このドローンの特筆するべき点はスマホで操作ができ、その映像がリアルタイムでスマホに表示できる点。

まるでパイロットのような視点を楽しむことができ、録画や写真撮影も行うこともできる。

撮影したデータはスマホの画面で簡単に取捨選択が行えるので、シェアもラクラクだ。

・価格や販売時期は?

現在BubDroneはIndiegogoで出資を募っており、BubDrone本体・コントローラー・ガードサークル・ケーブル・プロペラ4つ・アプリのセットで69ドル(約8200円)と郵送料で購入が可能。2016年の4月に発送予定となっている。

色はグリーン・ブルー・ブラック・レッド・グリーンの5色の中から好きな色が選べ、手軽に購入できる価格設定なので、ドローン初心者にも良さそうだ。

BubDrone:World’s smallest drone with HD720P camera

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP