ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

陣痛による発熱!酷い寒気で体がガタガタ震えた。3日がかりだった出産、一番キツかったのは・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠37週0日、正産期に入った日の夕方、たまに身体が震えるようになり、夜には酷い寒気と、目に見えて分かるほど身体がガタガタ震えだしました。

その時は、熱を測っても特に熱もなく、寒気と震え以外には症状は無いものの、赤ちゃんに何かあったのか?と不安でした。

産院に連絡すると、検診日はもう少し先でしたが、翌日朝一番で診察しましょう、ということに。

産院に相談したことにより、急を要することではないんだなと安心したものの、寒気と震えであまり眠れずにいました。

それから数時間後、なんだかいつもの下腹部痛とは違う痛みを感じ、スマホに入れていた陣痛アプリで間隔を測ってみると段々間隔が短くなってきていて、もしや陣痛?と、再び産院に連絡。

この時は、いつもとは違う痛みで、痛みの間隔も7分くらいでしたが、聞いていたよりも酷い痛みではなかったので、陣痛なのかどうなのか、良くわかりませんでした。

朝になり、痛みも5分間隔くらいになっていて、里帰りしていたので起きてきた両親に「陣痛来たかも」と伝え、診察開始時間少し前に病院へ。

病院に着く頃には、38度近い熱が出ていました。

診察してもらうと、陣痛が来ているし、もう入院しましょうと言う流れになり、念のためインフルエンザの検査もしました。

解熱の注射を打ってもらい、インフルエンザの検査も陰性で、発熱は陣痛からのものだと言われ、初めて陣痛で発熱することもあるのだと知りました。

そして、ここからも長く、、、微弱陣痛で産むまでに3日掛かり、結局は陣痛促進剤を使用しての出産でした。

2日目で、8cmまで開いていた子宮口が6cmまで戻ったと聞いた時は、もう心が折れそうでした。

一番痛かった時に比べたらマシでしたが、かなりの痛みはありましたから。

陣痛促進剤を使用してからは、今まで来てた強い陣痛が短い間隔で来るようになり、分娩室に移動してからは、必死であんまり覚えていません。

覚えているのは、なかなか出てこなくてお腹を押されるのは、結構すごい勢いで押されるんだなってことと、会陰切開は麻酔したのもあって想像より痛みはなく、ジョキンジョキン切られたなということくらいです。

縫う時も、縫われてるという感覚はあるけど、特に痛みはない不思議な感じでした。

この出産で、私の中でキツイなと思ったのは、陣痛中のシャワーだったと思います。

陣痛が始まって3日目の朝、子宮口は8cmくらいは開き、かなりの痛みが来ているものの、やはり間隔が短くなく、昼には促進剤を使おうと決まった後。

助産師さんにシャワーを勧められ、あの痛みの中シャワーをしました。

2日間シャワー出来ていなかったのでスッキリはしましたけど、大変でした。

痛くて、正直な所 シャワーどころではない!!って思ってしまいました。。

痛みの間隔がまだ長かったので、痛みと痛みの間でどうにかこうにか浴びた。という感じでした。

震えから始まり、発熱したり出産まで3日掛かったり、安産とは言えない出産でしたが、産後2・3日であんなにキツかった痛みを忘れてしまうのですから、人間良くできてるなと思いました(笑)

苦しかったという記憶はありますが、痛みは結構あっさり忘れてしまいました。

著者:カモカモかも

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

壮絶な吐きづわりで体重マイナス10キロ!入院して24時間点滴生活に
「私たちを親にしてくれてありがとう」 初産なのに猛スピード出産!翌日赤ちゃんを見て実感したこと
事前に知っておきたかった!出産以上に辛かった産後の処置…ゴリゴリと胎盤を剥がされ内臓をかき回す痛みに悶絶

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP