ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

超エリート芸人・石井てる美 追い詰められやりたいこと見えた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近ごろ、変わった経歴を持つ芸人が増えている。超エリートコースを進んできた石井てる美(32才)もそのひとり。

 東京大学卒業、同大学院修了。外資系のコンサル会社・マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社に入社するが、芸人になるため翌年退社。TOEIC990点の英語力を生かし、「言いづらいことを英語っぽく言う」フリップ漫談などが人気。

 抜群の英語の発音でモノマネや漫談を行う石井てる美。東大卒業後は世界有数の外資系コンサルティング会社マッキンゼーに入り、超エリート街道を歩んでいた彼女が一転、芸人の道へ。

「それまでがうまく行きすぎていたんでしょうね。マッキンゼーでは42.195kmのフルマラソンを100m走の速さで走るような多忙な毎日で、いつの間にか自分を見失ってしまったんです。追い詰められたら、やりたいことが見えてきて、“ああ、お笑い芸人やってみないと後悔する”って。そこでマッキンゼーで教わった“即断・即決・即行動”を実行(笑い)。おかげさまで後悔はしていないんですが、売れていないのが悩みです(笑い)」

撮影■菅井淳子

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
マッキンゼー出身者が優秀な理由「そうなりそうな人を採用」
外資コンサル最高峰のマッキンゼー辞めて実家を継ぐ人もいる
大前氏「本来、仕事に面白さはないが、面白いやり方はある」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP