ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

料理研究家の杵島親子 肉じゃが、ポテサラ、炒飯の秘訣語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近人気の料理研究家・杵島(きじま)直美さん(62才)ときじまりゅうたさん(35才)親子。祖母の代から家庭の味を引き継ぐ親子でも、味つけは違うもの。時代で変化する料理について、親子で語り合った。

母:私たち親子は、ばあば(村上昭子さん)から料理の基礎を受け継いでいるから基本的な作り方は同じよね。でも、それぞれ好みがあるから仕上がりがずいぶん違うというのは、今回の発見だったわ。

息子:時代によって、調理法も変わっていくしね。例えば肉じゃがは、以前はいかに煮崩れしないかが大事だったけど、今では「ちょっと崩れている方がおいしい、好き」という人も多い。ぼくも自分で作るなら、汁少なめ、ちょっと崩れが好きかな。

母:以前は「煮崩れないようにじゃがいもは面取りしましょう」って、教えていたのにね(笑い)。私は“昭和の人間”だから料理を作るときの手間は惜しまないけど、ポテトサラダのじゃがいもは電子レンジを利用するのが一番だと思う。

息子:蒸し器を使うよりずっと手軽だし、皮ごと加熱できるから、ホクホクでおいしく仕上がるよね。最近、ポテトサラダが人気で色んなレシピが出てるけど、その陰に電子レンジの存在は欠かせないと思う。

母:私は最近、チャック付きの保存袋が必需品なの。私くらいの年になると、作ることに手間をかけるのは苦にならないんだけど、洗いものが増えるのは億劫で…。下ごしらえや、保存など便利に活用してます。袋の中で食材を混ぜれば、時短にもなるわ。

息子:変化した調理法といえば、今回も作った「卵かけご飯を炒める、パラパラ炒飯」。あの調理法の登場で、誰でも家庭でパラパラ炒飯が作れるようになった。

母:家庭の火力とフライパンじゃ、絶対パラパラにならないからね。でも、りゅうたが子供の頃、お腹が空いた時のおやつといえば具だくさんの五目炒飯だったのよ。

息子:あのちょっとレトロな焼き飯風も、それはそれでおいしいよね。やっぱり時々食べたくなる(笑い)。

母:あと、うちはロールキャベツといえばクリーム煮だったから、大人になってコンソメやトマト味を知ってびっくりしたわよ(笑い)。

息子:お店や友人宅で、それまで一般的だと思っていたわが家の定番料理が実は独特だったっていう発見は、驚くけど、楽しいよね。

母:でも、そういう発見があると料理の幅が広がるし、今回のりゅうたのレシピも参考になったわ。

息子:ぼくはお店で食べておいしいと感じた味やアイディアも、結構参考にしている。黒こしょうの使い方とか、調味料は取り入れやすいよ。

母:私は年齢を重ねて、やわらかい食感だったり、少量でも満足できる味を求めるようになった。料理を食べる相手も同年代のジジババが多いから、“昭和の味”が喜ばれる(笑い)。

息子:ぼくは今、結構ガッツリいってるけど、年齢や家族構成で当然変わっていくよね。

母:りゅうたも、結婚して子供ができたら、また変わるわよ。

撮影■今清水隆宏

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
90才料理研究家 料理研究家の娘と正月料理について語り合う
料理記者歴56年岸朝子さん 酒1日1合、煙草1日1箱でも健康
高橋英樹と高橋真麻親子 美食を食べて大満足&爆笑シーン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。