体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「世界の半分がある」と言われた場所。イラン最大の観光地、エスファハーン

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

世界の半分がここにある・・・エスファハーンへ行ってみた

緻密な装飾画が施された美しい礼拝堂の中。

イランの観光地では外せないエスファハーンにやってきました! エスファハーンていう響きが既にロマンチック。ドラクエの街にありそうな名前!?

世界の半分がここにある・・・エスファハーンへ行ってみた

世界の半分と呼ばれるエスファハーン。礼拝堂のドーム、エイヴァーン、昔ポロが行われたという広場にはたくさんの馬車、展望台のチャイハネ、工芸品やペルシャ絨毯のお店が軒を連ねる回廊、迷路のようなバザールへのエントランス。

観光ハイライトの全てが凝縮されているエマーム広場は世界遺産にもなっています。

世界の半分がここにある・・・エスファハーンへ行ってみた 世界の半分がここにある・・・エスファハーンへ行ってみた

広場の回廊には職人さんが実演しているお店も。

世界の半分がここにある・・・エスファハーンへ行ってみた

ひときわ存在感を放つ、広場正面の礼拝堂。

世界の半分がここにある・・・エスファハーンへ行ってみた

私がエスファハーンを訪れた3日間がちょうど特別なお祈りの期間で、エスファハーンのどこのモスクを訪れても中に入る事ができませんでした。すごく残念だった〜。

世界の半分がここにある・・・エスファハーンへ行ってみた

東南アジアに見る仏教やヒンドゥー教の寺院のおびただしいまでの緻密な彫刻や、イスラムモスクのタイルに描かれる細密な模様。狂気を感じるほどの芸術家たちの細やかな作業とそれにかける年月。宗教といものは、人間の才能を際限なく引き出し、限界を軽々と超えさせてしまうのでしょうか。

世界の半分がここにある・・・エスファハーンへ行ってみた

唯一中を見学できた、広場にあるドーム。

世界の半分がここにある・・・エスファハーンへ行ってみた 世界の半分がここにある・・・エスファハーンへ行ってみた 世界の半分がここにある・・・エスファハーンへ行ってみた
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。