体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

将来に繋がるかも!子供でも取れる資格7選

生活・趣味
f:id:lan-hatebu:20160104221512j:plain

子どもはまだまだ頭が柔らかく、どんどん知識を吸収していきます。そんな時期だから何か資格をとらせたい、そんなことを考えている親御さんもいることと思います。楽しみながら勉強の延長で受験できる資格を紹介していきます。

小・中学生に最適な資格

f:id:lan-hatebu:20160104221523j:plain

児童英検(財)日本英語検定協会主催

英語を好きになって親しんでもらうための小学生向きの英検です。試験は単語や文を耳で聞くリスニング形式で、選択肢のイラストの中から正解を選んで○をつけていくので、小学生でも取り組みやすいです。試験には3つのグレードが設けられていて、最初は「BRONZE」、次に「SILVER」、その次に「GOLD」を目指せるようになっているので、子どもの英語リスニング力に合わせて受験することができます。英語に少しでも興味があれば「GOLD」目指して気軽に挑戦させてみましょう。

JAPEC児童英検

こちらの英検は「聞く力」と「話す力」を試す、子ども向けの英検です。一番優しい6級なら4歳から受けられます。一番難しい1級は小学校高学年くらいが対象なので小学生で受けるのにうってつけな資格です。面接官の質問に英語で答える「スピーキング試験」があるので、より実践で役立つ力が身につきます。学校の勉強が始まって、英語に苦手意識がつく前の今、積極的に話してコミュニケーションできる能力をつけるのにいかがですか?

子ども樹木博士

自然が好きな子どもには、子ども樹木博士の検定なんてどうでしょう。日本の国土面積の67%は森林。でも樹木の名前を知り区別できる人は意外に少ないものです。子ども樹木博士は楽しみながら樹木を身近に感じてもらおうという民間でやっているプログラムです。「森林ツアー」と「樹木の識別テスト」で構成されていて、クイズ形式のテストの正解数によって級数の違う認定証がもらえます。

パソコン基礎検定試験

パソコンは生活していくうえでもう必須なものになっています。パソコン検定はいくつかあるのですが難度が高かったりするので、小学生向けのこちらをおすすめします。正しいタイピング技術から、ワープロ、表計算、インターネットなどパソコンを操作する上で必要な知識やテクニックを認定する検定試験です。配布された紙の問題とパソコンの画面に表示される問題の両方を組み合わせて解答する方式になっています。4級では72%、最も難度が高い1級でも50%と合格しやすい検定です。

勉強の延長で受験してみよう

1 2次のページ
ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会