体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

馴染のないチップ!アメリカのチップの常識とマナー教えます!

Photo credit: jess via flickr cc

Photo credit: jess via flickr cc

TRiPORTライターのさとりんです。
わたしが海外旅行で一番不安なのが、チップ。日本では馴染みのない習慣なので、いつ、どんなタイミングで、誰に、いくらぐらい払ったらいいのかわからない! 相手に失礼なことをしてしまっていたらどうしようと、心配になってしまいます。
それに、チップをスマートに渡せたらかっこいいですよね。
今回は、アメリカのチップについて、ご紹介します。

アメリカでチップが意味するもの

Photo credit: F. D. Richards via flickr cc

Photo credit: F. D. Richards via flickr cc

アメリカでよく耳にするチップ。チップとは、日本で言う「心づけ」のようなもので、ホテルやレストランなどでサービスを受けた時に、感謝の気持ちを込めて、お金を渡します。このチップを渡すことが、アメリカでは日常的な習慣となっています。
そのため、アメリカでは、サービス業であるホテルのドアマンやレストランのウエイター、タクシーの運転手などは、会社から支払われる基本給が低く設定されています。なので、これらの職についている人たちにとって、チップは重要な収入源になっているのです。
サービスの良し悪しで、チップの額も変わってくるため、サービスする側の人たちは、一生懸命いいサービスを提供しようとしてくれます。もしあなたが、満足のいくサービスを受けたなら、ちょっと多めにチップを渡してあげましょう。

英語でのチップの言い方

チップ:
Tip(ティップ)、Service Charge(サービスチャージ)、Gratuity(グラチュイティ)

<レシートに表記される場合>
「Gratuity Included」と記載されます。この意味は、合計金額に既にチップが含まれていますということ。なので、うっかり見落として二重にチップを支払ってしまわないように気を付けましょう。

チップの支払い方

アメリカで支払うチップは、合計金額の15~20%が一般的。チップを支払う方法としては、現金とカードの2通りがあります。

現金

手渡しもしくは、お勘定皿の上に乗せて、ウエイターやウェイトレスさんに渡すか、テーブルの上に置いたままお店を出る。

カード

①受け取ったレシートの「Tip」欄にチップの金額、「Total」欄にチップを含めた合計金額をそれぞれ記入する。
②「Signature」と書かれた署名欄にサインすれば完了。

※チップは現金で、合計金額はカードと分けて支払うことも可能です。その場合、レシートの「Tip」欄に「0」もしくは「Cash(現金)」と書いておけばOKです。

チップが必要なサービスと支払い方法

Photo credit: Jeffrey Zeldman via flickr cc

Photo credit: Jeffrey Zeldman via flickr cc

1. ホテル・モーテル

■ホテルのドアマン
少し高めのホテルになるとホテルの玄関口にいて、ホテルのドアを開けてくれたり、車から荷物を降ろしてくれて、ベルデスクまで運んでくれるスタッフ。
ホテルによってはドアマンとポーターを兼任しているところもあります。
※もしドアマンにホテルのドアを開けてもらうだけであれば、チップは不要です。笑顔で「サンキュー」と言いましょう。

<チップの目安>
1つの荷物につき1ドル(タクシーを呼んでくれた場合1ドル)。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。