体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベネディクト・ウォン、ベネディクト・カンバーバッチ主演のマーベル映画『Doctor Strange(原題)』に出演

benedict-wong-doctor-strange

映画『オデッセイ』に出演したベネディクト・ウォンが、ベネディクト・カンバーバッチ主演のマーベル映画『Doctor Strange(原題)』に出演する。本紙ヴァラエティが情報筋から確認した。

マッツ・ミケルセン、レイチェル・マクアダムス、ティルダ・スウィントン、キウェテル・イジョフォーらも出演する。ジョン・スぺイツが脚本を手掛け、スコット・デリクソンがこのコミック映画の監督を務める。マーベルのケヴィン・ファイギがプロデュースする。

カンバーバッチは、神経外科医から魔術師ソーサラー・スプリームとなり、魔術や霊的な脅威から地球を守るステフェン・ヴィンセント・ストレンジを演じる。

このキャラクターはマーベルコミックのスティーヴ・ディッコが1963年に生み出した。スウィントンはストレンジの指導者となるエンシェント・ワンを演じ、イジョフォーはエンシェント・ワンのもとで修業し、後にドクター・ストレンジの敵になるバロン・モルドを演じる。

もっと見る:ベネディクト・カンバーバッチ主演のマーベル映画『Doctor Strange(原題)』、ファーストルックが公開

ウォンはカンバーバッチの相棒ウォンを演じる。ウォンは、治療や魔術のアシストなどいくつかの能力を持ち、また格闘技に長け、ストレンジをサポートする。

『Doctor Strange(原題)』は、現在製作が進行中で、2016年11月4日に劇場公開される。

ウォンは『オデッセイ』の他、Netflix(ネットフリックス)のテレビシリーズ『マルコ・ポーロ』にも出演している。その他、映画『プロメテウス』や映画『サンシャイン2057』に出演した。

このニュースはハリウッド・レポーター紙が最初に記事にした。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会