体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネイルアートショップオーナーに聞いた ハンドメイドECサイト『Etsy』を使うコツ [オタ女]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世界中で150万のショップと2170万人のユーザーが参加しているNY発のオンラインハンドメイドマーケット『Etsy(エッツィー)』。日本版が2016年1月よりスタートし、ショップ開設者を対象とした実用的なレッスンを提供する『Etsyスタート2016』が2016年1月25日よりスタートしています。

※創作系女子は注目! 世界最大ハンドメイドECサイト『Etsy』日本上陸
http://otajo.jp/56222 [リンク]

とはいえ、海外への発送をどうすればいいのか、といった心配もたくさんで、躊躇してしまう人も多いのでは?
そこで、『Etsyスタート2016』でメンターを務めるネイルアートショップ『Aya1gou』オーナーの藤井綾さんに『Etsy』を使う上でのコツを教えてもらいました。

ターゲットを絞る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「自分でつけるよりも、可愛く作ってできるのが楽しい」という綾さん。ネイルスクールに通って自宅でサロンを開業した時に、サンプルでネイルチップを作って画像サービス『Flickr』に投稿したところ「アメリカでショップをやっていたら買うのに」というメッセージがあったことをきっかけに、サロンの傍ら2008年に『Etsy』をはじめたといいます。「最初の4ヶ月はまったく売れませんでした」と笑いますが、現在では子育てしながら『Etsy』に専念していることもあり、年間の売上もホームサロン当時と同じくらいあるとのこと。
現在の海外での流行については、「今はレディ・ガガやケイティー・ペリーが日本っぽいビジュアルなので、日本っぽいネイルが増えてきていますし、カリフォルニアなど日系の方がいるので、かわいいチップの人気がありますね」といいます。

また、ターゲットを絞るのもポイント。綾さんは「ロリータの人に向けて、リボンのような甘いファッションに合うようなものを作っています。アメリカやフランスの人でもリピーターになってくれるような人もいますね」と話します。ニッチを狙っていく、ということもショップを作る上では重要になってきそうです。
「口コミで広がっていくことが大きいですね。海外のギャルファッションをテーマにしたブログに取り上げられて、そこからのアクセスもあります」(綾さん)

海外への発送は梱包を厳重に!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『Etsy』のJapanチームのキャプテンとして、ショップオーナーに相談に乗ることも多い綾さん。多くのセラーが悩むのは、やはり海外への発送に関することだといいます。
「国際郵便に慣れていないと、どうしても時間がかかってしまいますし、郵便局職員の方に聞いてもわからないというケースもあります。単価が安いものならば、EMS郵便物ではなくSAL便の書留で送れるものもありますが、使えない国もあるので注意が必要ですね」(綾さん)

また、包装を厳重にすることも重要。「海外に送る際に壊れてしまうこともあるので、梱包を国内向けよりもがっちりした方がいいですね。あとは、ジュエリーなど高額な作品を売りたいという人は、郵便の記入欄に詳しく書かない方がいいです。“ハンドメイドアクセサリー”と書かないと、盗まれてしまうことがあるので……」(綾さん)

やはり、発送については、国内以上に気を使う必要がありそうです。

詐欺には注意!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy