体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

吉川晃司がゲーム『三國志13』に武将として登場、政治力最低、水上戦&一騎討ち最強で戦法は”蘭心竹生”

吉川晃司がゲーム『三國志13』に武将として登場、政治力最低、水上戦&一騎討ち最強で戦法は”蘭心竹生”

1月21日、東京・新宿パークタワーで行われたコーエーテクモゲームスの新作歴史シミュレーションゲーム『三國志13』の完成発表会に吉川晃司がゲストとして登場した。

発表会では同ゲームのテーマソングであり、ゲームの発売日と同じ1月28日に配信限定でリリースされる吉川晃司のニューシングル「Dance To The Future」の制作にまつわるエピソードや三国志への思いなどが語られ、この新曲のダウンロード特典の詳細も発表された。

「Dance To The Future」」は『三國志13』のために吉川が書き下ろした曲。吉川はかねてから中国の古代の歴史には造詣が深く、自らが困難に直面した際に、古代中国の英雄たちを人生の指針としてきた経緯があるだけに、オファーが来たときの吉川の感想は「中国史が特に好きなものですから、こんな光栄なことはないなと思いました」とのこと。

オファーの経緯について、『三國志13』のゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウから「吉川さんが歴史関係のゲームをプレイされているのは有名でしたし、テーマソングを制作するときには三国志を好きな方にと思い、吉川さんにお願いしました」との説明もあった。

今年30周年を迎えた「三國志」シリーズの史上初のテーマソングとなるのだが、吉川も30周年を経過して活動中。ともに長きに渡って進化し続けてきたからこそ実現した“出会い”ということになる。

「新曲にどんな思いを込めたのか?」という質問に対して吉川からは「この時代(三国志の舞台となった時代)の人間が己の未来を切り開くためには戦って生き残らなきゃいけないわけですよ。それぞれがそれぞれの夢や希望や愛する者を守るために、命を賭けて、敵に立ち向かって、猛者たちが戦う姿は踊っているようにも見えるんじゃないかと思ったので、戦いを未来に向けてのダンスに例えて描いてみました」とコメント。

さらに「一般的なゲームの音楽って、映画音楽に近いところがあって、フル・オーケストラを使って、壮大な世界を作っていくというのが似合うんですが、それでやってしまうと、ゲーム自体の音楽に埋没してしまう。やっぱり歌ものなんで、ある程度のスケール感を持ちながらも、ダンサブルなものを作りたいと思った時に、80年代の音作りが浮かんできた。あの感じを今の時代にやると新鮮なんじゃないかなと。80年代のデビッド・ボウイ的なものをイメージしながら作っていきました」とコメントした。吉川の音楽のルーツのひとりであり、かつて対談したこともあるデビッド・ボウイは1月10日に逝去してしまったが、その音楽のパワーはこんな形でも受け継がれている。

完成発表会でのやりとりからは吉川の三国志に対する知識の豊富さと思いの強さも見えてきた。「三国志の登場人物で好きな人は?」との司会者からの質問にはこんな回答。「言いだすとキリがないんですが、曹操さんかな。一昨年、中国史に登場する方々にゆかりの場所を巡るテレビの企画で、曹操さんのお墓に行ってきたんですよ。頭痛持ちでいらしたんですが、その頭を冷やすための石枕を拝見させていただいて、思い入れがさらに強くなりました」

また、「三国志で好きな女性は?」との質問には貂蝉の名前が挙がった。「貂蝉は中国の4大美女に数えられる方なんだけど、この方だけ架空の人物なんですよ。呂布が密通していた董卓の侍女がモデルって話はちょろっと残ってるんですが、架空の美女が長い歴史のある中国の4大美女に数えられるのは三国志演義の存在感の大きさゆえなんだろうなと思います。どんだけべっぴんさんに描かれているのかなって、(ゲームが)楽しみですね」

さらに好きな武将として、張角の名前も挙げると、シブサワ氏が「張角をあげた人は初めてですよ」と吉川のマニアックさに驚く場面もあった。「三国志演義は蜀を中心に書かれているので、悪者扱いですが、民の視点で書いたなら、この人が正義の側でもおかしくない。黄巾の乱がなかったら三国時代は来ないわけだし、腐敗した金権政治を打倒するために、やむにやまれず蜂起したのだから、民衆からしたらヒーローだったんじゃないかなって」

配信用シングルのジャケットには『三國志13』開発チームのエースたちが総力を挙げて描き下ろしたオリジナル武将「吉川晃司」が登場する。会見の席上ではその全身像も発表された。銀髪で甲冑に身をまとった凛々しい姿が印象的だ。プロデューサーの鈴木亮浩によると、ビジュアル設定のポイントは「文官ではないなと。猛将系だろうということで、しっかりとした鎧姿にして、髪はシルバーヘアにしました」とのこと。なお吉川晃司からみた武将「吉川晃司」については、「こんなかっこよく描いてもらっていいのかなって。中国史好きとしてはうれしいことです」とのコメントもあった。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。