ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最新型LIVE&PARTY「YYY」開催、中田ヤスタカ、kz、tofubeats、banvoxが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年1月24日に、WARNER MUSIC JAPANとASOBISYSTEMが手掛ける最新型LIVE&PARTY「YYY」のローンチパーティー、Vol.0.5が渋谷SOUND MUSEUM VISIONにて行われた。

中田ヤスタカ(CAPSULE)、kz(livetune)、tofubeats、banvoxの4名という、DJ/アーティスト、そしてプロデューサーとして全世界から注目を集める4人が集結した。

オープニング後すぐに超満員になった会場に、オープニング映像と共に登場したのはbanvox。全9面による映像やレーザーによる演出で会場は一気にレイブ感マックスに。1曲目はbanvoxが手がけるGoogle Android CM楽曲「New Style」でスタート。自身の楽曲やリミックスワークを惜しげもなくドロップし、ベースミュージックやヒップホップの背景を持つbanvox流のダンスミュージックと、yakoによる映像演出と渋家&huezによる空間演出で視覚と聴覚は完全に開かれた。

続いて登場したのはkz(livetune)。1曲目はlivetune feat.初音ミク「Tell Your World」とポーター・ロビンソンのマッシュアップでスタート。そのままEDMから歌物エディット、初音ミクなどあらゆるジャンルを横断したダンスミュージックを展開。ラストにはゲストとしてやのあんなが登場し、昨年結成されたlivetune+としての楽曲も披露。kz、livetune、livetune+が体験できる貴重なアクトとなった。

続いて、メジャー2ndアルバム「POSITIVE」のRemixesを出したばかりのtofubeatsが頭からお祭り騒ぎで登場。続けてかけた「STAKEHOLDER」のイントロにはKOHHのラップをマッシュアップ。次々と自身の楽曲のガラージやヴォーグ調にセルフリミックスした楽曲を、メガミックスばりに繋いでいく。中盤ではマイクを握り「朝ダン」「ディスコの神様」などアンセム連発。会場と一体化し歌った後は、渾身の“笛テクノ”でクラブミュージックの醍醐味を観客に伝える。また、tofubeatsの数多くのMVやVJを担当する杉山峻輔による映像演出がより一層tofubeatsの世界観を作り上げていた。

そして中田ヤスタカ(CAPSULE)の登場。1曲目はtofubeatsの「POSITIVE」のRemixesに収録されている「POSITIVE feat. Dream Ami – 中田ヤスタカ(CAPSULE)REMIX」でスタート。その後は自身のユニット・CAPSULE、きゃりーぱみゅぱみゅ、Perfumeなどのプロデュースワークで、会場全体をバウンスさせた。鳴り止まないアンコールに1曲だけ答えた中田ヤスタカは、いつにも増して楽しそうに舞台を去っていった。

ローンチパーティとは思えない盛り上がりを見せた「YYY」のローンチパーティー、Vol.0.5。パーティーの最後には、「YYY Vol.1」の開催がアナウンスされた。Vol.1は今夏開催が予定されており、詳細はYYYオフィシャルサイトにて後日発表されるとのこと。

関連リンク

YYYオフィシャルサイトhttp://yyy-official.com
YYYオフィシャルTwitterアカウント@YYY_OFFICIAL
YYYオフィシャルFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/YYYOFFICIAL2016/
YYYオフィシャルInstagramアカウント@YYY_OFFICIAL

Musicman.net
カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP