ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小泉孝太郎 KY役に挑戦も共演者から「品がある」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月15日にスタートした金曜ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』(テレビ東京系)の防犯イベントに、主演の小泉孝太郎(37)が姿を見せた。

 このドラマは、警視庁杉並中央署(ドラマに登場する架空の警察署)が舞台。

 異動でやってきた謎のキャリア警視・小早川冬彦(小泉孝太郎)と、男勝りで口の悪いベテラン女性で寺田寅三(松下由樹)をはじめとする、ゼロ係の問題児たちが、さまざまな難事件を解決していく物語。

 地元高校のブラスバンド部の演奏とともに、地下鉄丸の内線・南阿佐ヶ谷駅からJR阿佐ヶ谷駅までの約700mをパレードした孝太郎は、「街を練り歩くのは貴重な経験です。杉並区の皆さんが温かく手を振ってくださって、『ドラマ見るよ!』と声をかけていただき、とてもうれしかった」と喜んだ。

 孝太郎といえば、昨年は大ヒットした『下町ロケット』で悪役を演じ話題を呼んだが、「これまでは“小泉さんいい人ですね、好青年ですね”と言われていたんですけど、それが11~12月のたった1か月で崩れ落ちてしまいました」と苦笑い。

 このドラマでは、空気が読めない究極のKY刑事役だそうだが…。

「今回は悪役ではなく、空気が読めない役。前回のドラマと違うキャラクターで救われたところがありますね。冬彦はリズムだけで突き進む役なので、そこを楽しんで演じたいと思います」とのこと。

 また、今年の抱負を聞かれ、「去年は“悪”で終わった。今年は“変人”から始まっているので、今年の終わりにはコメディー路線を確立できたらいいなと思います」と意欲を見せた。

 イベントには、共演の松下由樹(47)、原田夏希(31)、手塚とおる(53)、岸明日香(24)、石丸謙二郎(62)も登場。

 パレード中に沿道の人々から、「孝太郎! 孝太郎!」と声がかかったことに対して、石丸が、「あれほど呼び捨てにされる俳優もめずらしい」と語ると、手塚も「小泉さんがやると、どんなKYなことも品がある。育ちがちがうんでしょうね~」と、笑顔で感想を語っていた。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
安達祐実 地味な事務員姿から醸しだされるリアルな女の魅力
あまちゃん以来 新春ドラマで小泉今日子と共演・薬師丸ひろ子
小泉進次郎 幼いころ、家を出ていく母親を追って号泣した

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP