ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人の自主トレ派閥「阿部組」「チームヨシノブ」解体の影響

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 野球協約では、12月1日から1月31日までがポストシーズン。その間は球団主導による試合や練習、技術指導が禁じられる。そのため選手たちは自らトレーニング場所を確保して、2月1日のキャンプインに備える。それが自主トレだ。

 最近は複数の選手で集まって行なう合同自主トレも珍しくない。同じ球団はもちろん、出身校や同じ恩師・トレーナー、事務所など、様々な繋がりで意外な選手同士の結びつきが見られる。

 彼らが集まる目的は練習だけではない。スポーツ紙記者は、「自主トレは情報収集と人脈作りの側面が大きい」と語る。

「例えば大物ベテラン選手に若手選手がくっついていけば、技術や練習法を教えてもらえるだけでなく、その大物がメディアに取り上げられた際に、一緒に名前を売りやすい利点がある。

 一方の大物にとっても、若い選手に慕われていることをアピールすれば、球界にいいイメージを与えることができるし、実際にチーム内に派閥を作っておけば発言力も増す。引退後の就職に役立つわけです」

 派閥作りが活発なのは巨人だ。しかし今年は2つの大派閥がともに解体する緊急事態。阿部慎之助の「阿部組」と、高橋由伸の「チームヨシノブ」である。

「阿部組」は坂本勇人と長野久義が阿部に誘われてグアムで合同自主トレを始めたことがきっかけで結成。その後は藤村大介、河野元貴、大田泰示ら若手も参加、近年は内海哲也が主導する投手陣の集まり「内海組」(宮國椋丞や小山雄輝、山口鉄也ら)も合流するなど、一大勢力となっていた。自主トレ先での食費や宿泊代などをすべて阿部が負担するなど、面倒見の良さも求心力の一因となっていたという。

 しかし昨年、阿部はコンバート失敗から大不振に陥り、散々なシーズンだった。そのためか今年は初の単独トレを敢行。阿部と離れた坂本と長野は村田修一と實松一成を迎え、新たに「サカチョー組」を結成した。

「内海たちも距離を置いてグアムから沖縄に拠点を移した。事実上阿部組は解体されたと見られています」(巨人担当記者)

 一方の「チームヨシノブ」。実は早い段階で今年の自主トレの宿泊先なども決まっていたが急転直下の監督就任により高橋が引退。慶大の後輩・伊藤隼太(阪神)を組み込むなど一大派閥だったが、こちらも分裂した。

 ただ派閥のメンバーにとっては、早速恩恵を受ける結果になった。隠善智也は引退して球団広報として職を得た。そして片岡治大のFAの際の人的補償で西武へやられていた脇谷亮太は高橋監督になったためか、古巣に戻ることができた。

「残る中井大介、辻東倫、伊藤らが細々と活動。派閥としては小粒になったが、辻は以前から高橋に気に入られているし、伊藤も考えようによっては巨人移籍の芽が出てきたかも」(同前)

※週刊ポスト2016年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
野球の合同自主トレ、派閥作りの面も 巨人最大派閥は阿部派
1人自主トレ選手 彼女と会いたいとの理由がバレ一人ぼっちに
自主トレで分かる巨人の派閥 阿部と高橋由がポスト松井争い

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP