ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BBK、Snapdragon 652?を搭載した「Vivo X6S Plus」を開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー BBK(歩歩高)のスマートフォンブランド Vivo が、「Vivo X6S Plus」をと呼ばれる新型スマートフォンを開発していることが判明しました。Vivo X6S Plus は、昨年発売された「Vivo X6 Plus」と同じ 5.7 インチの AMOLED ディスプレイを搭載しているのですが、プロセッサが 1.8GHz 駆動のオクタコアに変更されています。このコア数とクロック周波数には Snapdragon 652 が該当するので、Vivo X6S Plus はプロセッサ周りを強化した派生モデルと推測されます。このほか、Android 5.1.1、4GB RAM、64GB ROM、背面に 1,600 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラなどを搭載。筐体サイズは 158.16 × 79.94 × 7.7mm / 190g です。若干拡大し、重たくなった模様です。Source : TENAA

■関連記事
1ShopMobile、Galaxy A5とGalaxy A7の2016年モデルを発売
ASUS、ZenFone ZoomとSIMカードのセット購入で端末代金の分割払いを可能にするサービスを提供
TA-Creative、Wicked Chili製自動車シガーソケット用USBチャージャーを発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP