ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美味しい! 食べないと損する三重県グルメたち

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。1月24日のオンエアでは、世界初の伊勢うどん大使・石原壮一郎さんが登場しました。

今年5月に開催される「伊勢志摩サミット」で注目が集まる三重県。伊勢神宮、伊勢エビ、松坂牛、真珠など、数々の有名なものがある三重ですが、実はそれらが三重県のものだと認知されていない状況にあり、三重県もそれを自覚して「実はそれ、ぜんぶ三重なんです!」という観光キャンペーンのキャッチフレーズを使っているとか。

そんな三重県の知られざる絶品グルメを石原さんに聞いてみました。

■鶏焼肉
まずご紹介していただいたのが、焼いた鳥肉を味噌ダレにつけて食べる「鶏焼肉」。40年前に、あるお店が始めたことをきっかけに大ブレイクした料理で、ここ10年でさらにブレイク。松坂市内で10〜20軒の鶏焼肉のお店ができたそう。残念ながら、東京で本場の味を味わえる鶏焼肉屋さんは、現在は無いそうなのですが、東京で食べられるお店ができれば、是非食べてみたいものですね。

■ソマカツオの塩切り
ソマカツオを1ミリほどの薄さに切り、塩に3ヶ月ほど漬けこみ熟成したもの。『BRUTUS』の全国お取り寄せランキングで、1位になったこともあり、生産が追いつかないほどの人気ぶりだとか。東京・日本橋の「三重テラス」というアンテナショップでは、運が良ければ入荷しているそう。

■青さやひじき
実は、全国の青さの7割以上を三重県で作っているそう。「スーパーマーケットで、『おいしそうだなぁ』と思うものは三重県産だと思います」と石原さん。

■新姫
フルーツは、小さなみかんのような「新姫(にいひめ)」が人気。新種の酸っぱい柑橘類で、ジュースやポン酢も好評だとか。

■この冬はカキが最高!
三重県には「カキ小屋」がたくさんあります。焼きカキや味噌汁、炊き込みご飯などが食べ方題で1,500円のお店もあるのだとか。

■伊勢うどん
そして、石原さんが「一番おいしい」と話すのは、三重県の伊勢うどん。伊勢うどんの特徴は、麺が太くてコシがないところ。この味は、渋谷ヒカリエ「伊勢藤次郎」で体験することがきます。

いかがでしたでしょうか? 知っているようで知らない、三重県の食の魅力。これからの季節、ちょっと足を伸ばして三重県まで出かけてみませんか?

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。