ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで植物園!?シンガポール鉄道跡地の再開発が素敵

DATE:
  • ガジェット通信を≫

緑がいっぱいのこの画像、植物園ではありません…なんと鉄道跡地の再開発イメージなんです。


この再開発は、シンガポールを縦断する24kmの旧マレー鉄道跡地(レールコリドー)「非凡で感性を刺激するパブリックスペース」として再生させるという国家プロジェクト。

各国64チームが参加した国際コンペで優勝したのは、社会環境デザインでも知られる日本の大手建築設計会社、日建設計です。

・BBQからロッククライミングまで!

日建設計は「Stiching the nation with lines of life」をテーマに、ロッククライミングやバーベキューができる芝地、豊かな動植物を楽しめるエリアを盛り込んだ10カ所の重点ポイントをデザイン。



・東京でプランの展示も開催中

その特徴は「緑地と遊歩道と自転車道と更には周辺開発も含めて一体的」であること。

地元のステークホルダーと共に調査を行い、メンテナンスに反映させるなど、都市生活と緑の“持続可能性”を打ち出しています。

日建設計は、マスタープランの修正と先行実施エリア4kmの基本計画業務を行うそう。都市と緑の共存、早く見てみたいですね!

千代田区・飯田橋の日建設計東京ビルでは、2月26日までプランの展示を行っています。

建築や環境デザインに興味のある人は、ぜひ訪れてみてください!

日建設計
http://www.nikken.co.jp/ja/

Rail Corridor
https://www.ura.gov.sg/MS/railcorridor/rfp.aspx

・自然(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。