ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気YouTuber赤髪のともが“ねぷた”を体験! 旅動画シリーズ最新作は弘前だ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『YouTube』にて動画を投稿しているクリエーター、赤髪のともさん。ゲーム実況をメインの活動としているが、もう1つゲームとは別のチャンネルを持っている。それが『赤髪のともの実写チャンネル』だ。このチャンネルでは”実写”をテーマに、料理・釣り・キャンプ・サバイバルゲームなどの動画を投稿し人気となっている。また、これとは別に不定期で実施され人気となっているのが旅動画だ。旅動画シリーズでは、過去に同じく“YouTubeクリエーター” のlOve(ラブ)さん、Kazu(カズ)さんと、横浜や箱根へ行き旅動画を撮影しているが、今回はぺいんとさんを連れて青森県弘前市へと旅立った。今回は弘前市の協力を受け、2月11日~14日に開催される『弘前城雪燈籠まつり』へ向けて“冬の弘前を堪能する”ことが目的となっている。果たして、赤髪のともさん達は冬の弘前の魅力を発見できたのか、公開されている動画を追いながらチェックしていきたい。

雪燈籠まつりとは?

『弘前城雪燈籠まつり』とはみちのく五大雪まつりの1つとされ、家族で楽しむことが出来るお祭りだ。弘前市は“曳屋工法”という、建物を解体することなく、総重量400トンの弘前城をそのまま動かしたことでも話題となったが、その弘前城がある弘前公園を会場に行われ、幻想的な雪燈籠が並ぶほか、タイヤチューブを使い豪快に滑る雪の滑り台、夏の弘前ねぷたまつりに出陣した錦絵の回廊など、見どころは沢山。また今年は弘前城の140メートルを超える石垣をスクリーンに見立て映像を映し出す石垣マルチ・プロジェクションも実施される。

赤ぺんの2人が名所を訪れ弘前市を堪能!


“津軽藩ねぷた村”では弘前の様々な伝統に触れる。『弘前ねぷたまつり』で使用されるねぷたの展示や、お囃子の演奏に歓迎される2人。大迫力の太鼓に魅了されていると「やってみますか?」とのお声がけが! なかなかスジのいい腕前の太鼓を披露した。


その後も津軽三味線や庭園を見学していると、昔懐かしい感じのする独楽(コマ)所ずぐり庵に到着。赤髪のともさん、ぺいんとさんの2人はいろいろな独楽を繰り出してくるお姉さんに翻弄されまくり。音が鳴る独楽や、次々に飛び出る独楽など、仕掛け独楽に驚くばかりであった。


続いて訪れたのは、弘前城のある弘前公園。2月13日、14日に行われる『弘前城石垣マルチ・プロジェクション』で使用される石垣や、曳屋工事で移動した弘前城の姿を鑑賞。マルチ・プロジェクションでは石垣への投影のほか、桜の花びらが濠の水面を敷き詰める「花筏」も再現するという。そして今回は、特別に弘前城の中にも入れてもらえることに。修理のため、鉄骨が入り組んだ弘前城の内部を見学した。


あっという間の1日目であったが、最後にお待ちかねのご当地グルメを堪能。弘前を代表するグルメである“いがめんち”など味わった。1日でたっぷり弘前の魅力を味わった赤髪のともさん、ぺいんとさんの2人。後編ではいったいなにが待ち受けているのだろうか!? 引き続き、後編の動画もお楽しみに!

赤ぺんどうでしょう 弘前城雪燈籠まつりへの道 前編(YouTube)
https://youtu.be/2dIOopfm3W0

HIROSAKI MOVING PROJECT
http://hirosaki-moving.jp/

ガジェット通信特集ページ:城が70メートル移動する!? 弘前城本丸石垣修理事業 応援大特集
http://getnews.jp/hirosaki/[リンク]

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP