ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

人気が高まるアメリカ留学!オススメの留学都市はどこ?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Photo credit: KANA「ニューヨークのミュージカル【格安でチケットを手に入れる方法】当日券」

Photo credit: KANA「ニューヨークのミュージカル【格安でチケットを手に入れる方法】当日券」

2008年に起きたリーマンショック以降、停滞気味だったアメリカ留学が昨年から人気を博しています。昨年、海外留学のEFを通じて海外留学にチャレンジした学生たちの渡航先を見てみると、以下のような結果でした。

univ

大学生の渡航先で最も人気を集めた留学都市はニューヨーク。その他にも、西海岸のロサンゼルスやサンディエゴ、サンタバーバラがTOP10に名を連ねました。

high

また高校生のランキングも同様に、アメリカの留学都市がずらり。ニューヨーク、サンタバーバラ、ホノルル、ボストンなど、なんとTOP10のうち、アメリカの留学都市が6都市もランクインしました。

おそらく今年も昨年同様に、アメリカ留学への人気が高まるでしょう。そこで今回は、2016年にオススメのアメリカ留学都市について紹介します。

やっぱり今年もニューヨークが大人気

昨年、高校生・大学生ともに人気が高かったニューヨークは、2016年も引き続き大人気の予感。春季・夏季関わらず、代表的な留学渡航先として注目されています。

ニューヨークのオススメポイントは、毎年世界中から大変多くの留学生が集まるところ。ヨーロッパから近いこともりあり、スペインやフランス、イタリアなど、アメリカにいながらにしてヨーロッパの学生たちと交流する機会が多くあるはずです。また、週末はマンハッタン島に繰り出し、エンターテイメントや市街観光を楽しむこともできますよ。毎日新しいことにチャレンジできるニューヨークは、今年もイチ押しかもしれません。

アメリカでも、日本人が少ない留学都市を狙え!

ニューヨークやロザンゼルスのように人気の留学都市も、もちろんオススメですが、せっかくの海外留学するなら、日本人留学生が少ない都市を狙ってみてはいかがでしょうか?

例えば、コカコーラの本社や五輪でも有名になったアトランタやホワイトハウスで知られるワシントンD.C。そしてリゾート地として、よく耳にするマイアミビーチは、日本人留学が比較的少ない地域でもあり、どっぷりとアメリカ生活に浸かることができますよ。日本人が多い人気都市よりも英語を使う場面が増える環境は、あなたをもっと成長させてくれるはずです。

Photo credit: Tomoko Malaghan「アメリカ横断ロードトリップ後半、カルファオルニアからフロリダへ」

Photo credit: Tomoko Malaghan「アメリカ横断ロードトリップ後半、カルファオルニアからフロリダへ」

ロサンゼルスよりも、サンタバーバラに留学せよ

アメリカ西海岸に位置するロサンゼルスは、皆さんがご存知の通りの観光都市。ロサンゼル発の文化やファッションは、いつも私たちを魅了しています。

ですが「観光」ではなく「留学」をするのであれば、ロサンゼルスから少し離れたサンタバーバラがオススメかもしれません。もともと、サンタバーバラはスペイン領ということもあり、白カベ、赤レンガといったスペインでよく見られる伝統的な街並みが広がっています。また街並みだけではなく、伝統料理、伝統文化にも触れることができ、アメリカにいながらにしてヨーロッパ文化体験も可能。週末はもちろん、ロサンゼルスへの小旅行で決まり!

ライター:Satoshi Hirao at EF Education First。留学、語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education First(EF)にてマーケティングを担当。EFのミッションである「Opening the world through education」を掲げ、留学の魅力を世の中に発信し続ける
Photo by: KANA「ニューヨークのミュージカル【格安でチケットを手に入れる方法】当日券」

Compathyでアメリカの旅行記を見ましょう

Tomoko Malaghan「アメリカ横断ロードトリップ後半、カルファオルニアからフロリダへ」

Tomoko Malaghan「アメリカ横断ロードトリップ後半、カルファオルニアからフロリダへ」

KANA「ニューヨークのミュージカル【格安でチケットを手に入れる方法】当日券」

KANA「ニューヨークのミュージカル【格安でチケットを手に入れる方法】当日券」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。