ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

産後、ストレスに対する免疫力が下がったかも。イヤイヤ期のストレスに負けそう!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
産後、ストレスに対する免疫力が下がったかも。イヤイヤ期のストレスに負けそう! f:id:akasuguope03:20150907134351j:plain

育児中のストレス…。

それは、想像していた以上に過酷でした。

今、2歳になったばかりの男の子を育てています。

半年くらい前から少しずつイヤイヤ期を思わせる素振りが増えてきました。

ゴロゴロ寝転がって

「嫌だ!」

「出来ない!!」

と癇癪を起す事が日に日に増えてきて、どこで覚えてきたんだろう?と私を悩ませてくれます。

小さな子供と触れ合う機会が少ない環境で育っているので、寝転がって自己主張するのは、誰かが癇癪を起している様子を見て覚えたわけではなく、恐らく本能だと思います。

しかし、毎日毎日癇癪を起されると、一日中一緒にいる私としては、やはりストレス量が半端ないです。

良くないことだと思っていてもつい、大きな声で叱ってしまったり、

「ダメでしょ」

「なんで分からないの?」

とマイナス的な言動をしてしまう事もしばしばで、毎日、怒っている自分にも嫌気がさしますし、子供のためにも家庭のためにもあまり良い環境ではないと実感しています。

子供にもイライラして、自分にもイライラして、子供がイタズラしたり手助けしてほしい時にも育児未参加の夫の対応にもイライラ…。

子供がある程度成長すれば癇癪も収まり、もう少し育てやすいのかもしれませんが、話を理解して癇癪が収まるまでに、あとどれくらいの時間がかかるのかわかりません。

毎日、

「疲れた…」

「(イヤイヤ期が)早く終わらないかなー」

「このまま歳をとっていくのかな…」

と頭の中でぐるぐると考えてしまいます。

唯一のストレス発散方法が一人で外出して買い物に出かける事。

しかし、家計に余裕があるわけではないので、少しの金額でも子供のために貯金したい、でも買い物もしたいし…ストレスも発散したいし…と、まさに負のスパイラル状態です。

産後、ストレスに対する免疫力が低下した気がします。

睡眠不足や疲労感が抜けないことも原因かもしれません。

子育てにおいて親が健康であることは、とっても重要なことだと思います。

明日出来ることは明日に回す。

無理をしないできちんと睡眠をとる。

疲労を感じたら体を休める。

体の調子が整ってくると、ストレスに負けない生活を送ることができるかもしれませんね。

f:id:akasuguope02:20160121162513j:plain

著者:Y&Y

年齢:28歳

子どもの年齢:2歳

元気な男の子のママをしています。昨日まで出来なかった事が急にできたりと子供の成長力には驚かされてばかりです。趣味は、在宅ワーク。稼いだお金で子供の洋服やおもちゃを買ってあげることが好きです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

どんな辛さも一緒に乗り越えた!赤ちゃんは妊娠の不安をわかってくれるパートナー
「もう無理かもしれないけど、子どもが欲しい」 アラフォーで再開した不妊治療で奇跡の妊娠!
不安もいっぱいだったけれど…お腹の赤ちゃんと一緒に育った「ママ」としての私

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。