ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「天野喜孝展」FF全シリーズの原画初展示をふくむ100点以上の作品が集結

DATE:
  • ガジェット通信を≫

創造の世界とファンタジーの軌跡「天野喜孝展」開催

アニメ・ゲーム等のキャラクターデザインで知られるクリエイター「天野喜孝」氏の作品展が、有楽町朝日ギャラリーで1月29日から開催される。

ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズに代表される幻想的で妖艶な絵柄から、「タイムボカン」シリーズ、「Candy Girl」などのカラフルでポップな絵柄にいたるまで、幅広い作品を生み出してきた天野氏。

同展では、「ファイナルファンタジー」全シリーズの原画がゲームパッケージと共に初展示されるほか、氏の原点ともいえる「科学忍者隊ガッチャマン」や「昆虫物語 みなしごハッチ」などのタツノコプロでのアニメキャラクターデザインの紹介、アニメ「やさいのようせい N.Y.SALAD」の原作「N.Y.SALAD ニューヨーク・サラダ」、最新のファインアートシリーズ「Candy Girl」にいたるまで、およそ100点以上の作品群が集結する。

開催期間は3月8日まで(期間中無休)。観覧時間は午前11時から午後8時まで(最終入場は閉場の30分前)。料金は中学生以下無料、一般 1,000円(800円)、大学生 900円(700円)、高校・65歳以上 800円(600円)※()内は前売券、団体(20名以上)料金。

「ヤッターマン」

「昆虫物語 みなしごハッチ」

「ファイナルファンタジーIII」

「ファイナルファンタジーVI」

「Candy Girl」

▼リンク
「天野喜孝展」オフィシャルサイト
http://www.amano-exhibition.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP