ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就活の面接直前にお薦めの顔ヨガ 面接官に好感持たれる顔に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日めくりカレンダー『日めくり まいにち、顔ヨガ!』がベストセラーになっているカリスマ顔ヨガ講師・間々田佳子さんが、老け顔、デカ顔など、女性のお顔のお悩みを顔ヨガで一発解決。今回は21才大学生からのお悩みです。

【お悩み】
「この春から就職活動を始める大学3年生です。筆記よりも面接が不安です。見た目の第一印象が大事だと言われますが、面接官に好感を持たれる表情の作り方を教えてください」(21才・大学生)

【間々田さんの回答】
 頬と口角を上げ、相手の目をしっかり見て受け答えする。好印象ポイントですが、緊張するとつい目が泳いだり、頬が引きつったりしますよね。私も極度のあがり症で初対面の人と話すのは苦手。緊張を隠そうとするあまり相手の目を見て話せず、“何を考えているかわからない”と思われることも…。

 ところが、顔ヨガを始めたら顔がこわばらないようになりました。特におすすめしたいのは口角が上がる「亀のしあわせ」。口元がシャープになるとより知的で熱意のある印象を与えることができます。頬のリフトアップには「キングスマイル」を。

 普段から行うのが大事ですが、面接直前でも有効です。自然な表情で面接に臨めれば、自信や余裕につながるはず。緊張や不安な時ほど、頬と口角を上げて真摯に自分の思いを伝えてみてください。きっと面接官にも伝わりますよ!

【亀のしあわせのやり方】
 下唇を上唇にかぶせて口角を上げる。あごをできるだけ前に突き出し、のどを伸ばす。口角が上がっていればOK。10秒×3回。

【キングスマイルのやり方】
 上の歯だけを見せてにっこり笑う。下唇を歯に巻き付けて、あごを前に突き出す。口角と頬をグッと引き上げて、目線は上。10秒。

撮影■浦川一憲

※女性セブン2015年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
口角UP、左右バランス調整に効果的な顔ヨガ 撮影前にお薦め
あごのたるみ肉を除去する顔ヨガ 二重あごの改善にも有効
緊張や顔のこわばりで人前で話すのが苦手な人に最適な顔ヨガ

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP