ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミシュラン3つ星、SUSHI YASUDAのオーナーが教える「正しい寿司の食べ方」が勉強になる・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える安田直道氏が、外国人に「正しい寿司の食べ方」を指南しています。
その映像を見た世界中の寿司ファンたちからは、「もっと見たい!」「素晴らしいよ!」「まるでアートの世界!」といった、賞賛の声が相次いでいるのだとか。

えっ、そうだったの…
実は知らないものもある!?

まずはじめに、氏から一言。

「寿司といえば、ネタのことばかりを話しがち。でも、もっとも重要なのはシャリなのです」

と、ここで「寿司ビギナー」のジョセフさんが入店。少し緊張した面持ちです。

安田氏の店で提供される醤油やガリは、どれもすべて自家製。

「日本のワサビとホースラディッシュは色も刺激もまったく違います」

「試しにどうぞ」

「辛さがくる前に甘みがありました」

ここからは、いよいよ寿司を作り始めます。まずは、鉄火巻きから。使用するのは「日本一の海苔」なのだそう。


ここで【ルールその1】
細巻きは手で食べる

鉄火巻きや納豆巻きなどの「細巻き」は、直接手で食べます。醤油は片側に一度触れる程度。さらに…

【ルールその2】
ガリと寿司を一緒に食べない

「アメリカ人の中には、寿司とガリを一緒に食べる人もいますが、バッドマナーです」

【ルールその3】
醤油を付ける前は
コロッと90°回転!

この体勢から…

【ルールその4】
醤油はネタだけに
軽く付ける

【ルールその5】
一度付けた醤油は
振り落とさない

「揺さぶって落とすのは、男性トイレで」とのこと(笑)。

最後に【豆知識】

寿司はシャリとネタの「温度差」により、毎秒味が変化する模様。つまり、この大トロも「カウンター」で食べるのと少し離れた「テーブル席」で食べるのとでは味がまったく違うことに!

ジョセフさんも、カウンターで食べた大トロに大満足の様子。

もし、知らない作法があったなら次回から意識してみてください!

Licensed material used with permission by MUNCHIES.TV

関連記事リンク(外部サイト)

100均の製氷トレーを使えば「2分で寿司(14個)」が作れる!
1日1杯の「ワイン」に隠された8つの健康効果とは?
酸化を防ぐ「ワイン専用コンドーム」が発売!この発想はなかった・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP