ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サクッと取れる!?比較的取りやすい国家資格3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国から認められたちょっと難しい印象の”国家資格”。もちろん難しいものが多いですが、その中でも比較的取りやすい国家資格3つとその内容をご紹介してゆきます。これからの就職活動や転職を検討している方、それに役に立つ国家資格の取得を考えている方は是非参考にしてみて下さい!

仕事に活かせる取りやすい国家資格


多くの職場で活かせる国家資格”危険物取扱者

特に男性にオススメしたい国家資格として、”危険物取扱者”という資格があります。危険物取扱者とは、石油やガソリン、鉄粉など可燃性の高いものを扱う工場や造船所、ガソリンスタンドなどを管理することの出来る特別な資格です。製造業や化学工場などは必ず危険物取扱者の配置が義務づけられているので、取得して損のない資格だといえます。危険物を取り扱っている工業関係の企業は多くあり、就職する上でとても強い戦力になるのでオススメです。

”危険物取扱者”を取得するメリットとは?

取得しやすい国家資格な上に、実用性のある”危険物取扱者”の資格は、国に認められるほどの重要な資格で、現在さまざまな企業で必要とされています。その為、資格保持者にはそれなりの手当てが付くことも多く、収入面でも仕事内容でもやりがいのあるオススメできる資格であるという点がメリットです。

業種に関係なく企業から必要とされる国家資格”衛生管理者”

取りやすい国家資格を取得して、企業からの評価を上げたい方にオススメなのが”衛生管理者”です。衛生管理者とは、社員の健康管理を担当したり、職場環境や労働環境の調整をするスペシャリストとしての資格です。社員の職場環境や健康管理をすることは、その職場のまとまりとやる気を醸成する上で大切な役割を担うことになります。その分責任は重くなりますが、やりがいのある仕事だと言えます。試験も月1~3回行われているので、早期取得も目指しやすくなっています。

”衛生管理者”を取得するメリットとは?

現在、業種に関係なくどんな企業でも社員50人に対し1人の”衛生管理者”を置くことが決まりとなっており、有資格者の数が足りていない状況にあります。その為、この資格を持っているとどこの企業でも比較的有利になる傾向にあると言えます。転職や再就職にも活かせる上に、別途手当を受け取れる可能性もありますので、オススメのできる国家資格です!

合格率100%に近い国家資格”防火管理者”

難易度のやさしい取得しやすい国家資格としてオススメなのが”防火管理者”です。学校や福祉施設、飲食店、工場、事務所などの消化設備の管理や設置、防火や避難訓練の実施などなど多くの防火に関する仕事を任される資格です。既定の講習に参加することで取得が可能なため、国家資格の中でも最も取得しやすくオススメのできる資格と言うことができそうです。

”防火管理者”を取得するメリットとは?

企業の消防に関する計画や管理などを受け持つのに、やはり企業側としてもしっかりとした知識のある管理者や責任者を選任したいと考えており、履歴書にあると有利な国家資格だといえます。また、火災は身近にも起こりうる災害なので私生活にも活かすことが可能。持っていて損のない知識を備えた資格と言えます。

取得しやすいとはいえ、国家資格!重要な役割を担います。

取得しやすいと言っても、国の認めた国を良くする為の資格なので持っていて損な資格は一つもありません。そして、それぞれに重要な役割を担っている必要不可欠な資格です。人手不足の仕事も多いため、就職や転職に悩んでいるのであれば一度取得のしやすい難易度のやさしい国家資格にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?何もせずに立ち止まっている方、ちょっとしたチャレンジで自分に合った職種に巡り会えるきっかけになるかもしれませんよ。是非ご検討を!

ケイマナニュース
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP