ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

春に備えてスキルアップ!2月の資格検定6選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そろそろ一年の総括が始まるころ、それが2月。新しい年度に向けて心機一転何かを始めてみませんか?今回は実務に役立つ資格や特殊技能にかかわる資格まで、2月に実施される資格試験を幅広く集めてみました。忙しい年度末……だからこそ、これまでの自分を見つめなおしてよりよい道を模索してみませんか?春に備えて新たなスタートを切る準備を万全にしておきましょう!

実務でバッチリ役立つ資格あれこれ


消費税に強くなろう……消費税法能力検定

消費税法能力検定とは、消費税に関する知識や会計処理時における取り扱いなどの理解度を認定する検定です。基礎から応用までの税務処理が出来る事を認める検定ですので、これを持っていると実践力として企業に認めてもらえる一つの指標になります。難易度もさほど高いほうではありませんので、とりあえず資格を取るならまずはこちらはいかがでしょうか。

次は法人税に手を伸ばそう……法人税法能力検定

先述した消費税法能力検定の、法人税バージョンです。経理を担当する人なら消費税法能力検定と合わせてこちらの法人税法能力検定も資格を取得しておくと良いかもしれません。消費税法能力検定同様、自分のスキルを客観的に外部に公表できる一つの指標にできますので、社内での評価はもちろん、転職する場合にも有利に働くことでしょう。

経理を究めるなら……簿記能力検定

簿記の資格には二種類あります。日商簿記検定と簿記能力検定といい、前者の方は日本商工会議所、後者は全国経理教育協会が主催しています。主に日商簿記検定の方が知名度があり、こちらを受ける人が多いのですが、簿記能力検定の上級は税理士の試験資格になっているのでその関係で資格を取る人が多い傾向にあります。税理士の足がかりと考えるならばこちらの資格を取得するのがおすすめです。

自分の幅を広げよう!特殊なお仕事の資格あれこれ


東洋医学の奥深さに学ぶあんまマッサージ指圧師試験

ツボなどに代表される東洋医学をはじめ、衛生学、医学、解剖学など様々な知識が求められる試験です。マッサージを商売として行う際に必要な資格ですが、実務経験と合わせると介護支援専門員の資格試験について一部免除が認められます。先へつながる試験と考えれば取っておくメリットはあります。本格的に商売として始めようとしなくても、マッサージの基礎知識があれば自分や周りの方の疲れを癒すことも可能です。自分の幅を広げるつもりで受けてみてもいいかもしれませんね。

資格といえばこれ!情報検定

通称J検と呼ばれる情報検定は、知名度は高いですがそれ単体で就職や受験の武器になるような資格ではありません。情報処理国家資格やベンダーなどの資格と合わせて持っておくとIT業界では評価を得られるでしょう。将来パソコンセキュリティやネットワーク、プログラミングなどの道へ進みたい人なら必ず取っておいた方が良い資格といえます。

安定した需要が魅力!言語聴覚士

音声機能や聴覚機能などのリハビリを行う専門家と認める資格です。安定したニーズがあり、しかも試験の難易度もさほど高くもないので医療関係に進みたいなら言語聴覚士はおすすめの資格です。勤め先は病院をはじめリハビリ施設、聴覚言語障害者更正施設など幅広く、転職を考えているなら打ってつけでしょう。

年度末にこれまでを振り返ってみると、思い残したことが案外あったりするものです。社会に出るとなかなか資格を取る余裕がないから後回しにしがちですが、忙しい時ほど、停滞した流れを変えるチャンスなのかもしれません。来年度は思いを新たに飛躍の年にしてみませんか?自分を高めるチャンスがそこにあるかもしれませんよ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP