ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就職に直結!特殊な資格6選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

多くの資格がある現在、聞きなじみの薄い資格はかなりあるものです。今回は、そんなあまり聞いたことのない資格の中でも、特に就職に直結する資格をご紹介します。ニッチな資格と思っていたら、実は堅実な需要があることも。ちょっと特殊なあの資格、就職や転職に活かしてみませんか?

専門的な職業に就くうえでポイントになる資格


アクチュアリー

アクチュアリーは、ビジネスにおけるリスクや不確実性の分析評価を行う専門資格です。「保険数理士」や「保険数理人」などど訳されます。生命保険事業や損害保険事業に始まり、年金や共済事業、企業における資産運用部門など多様な活躍の場があります。試験は難しくなかなか取得しづらい資格ですが、高給職としても知られています。

中古自動車査定士

中古自動車査定士とは、自家用車買い取りの際、中古自動車査定制度に基づいた中古車査定を行うことができる資格です。中古車買取販売店やカーディーラーなどに就職転職をする際には、是非とも取得しておきたい資格であるといえます。試験日程は年間1~2回と少な目であるため、しっかり学んで一度で取得しておきたいですね。

校正技能検定

校正技能検定とは、新聞や雑誌、書籍等の出版物に誤字脱字が無いかをチェックする為の専門資格です。実務を通じて校正をマスターしている方には、基礎から体系立てて学ぶのに適した資格と言え、校正業務を専門にしていくにはとっておいたほうがいい資格です。

接遇や環境面への配慮をアピールできる資格


サービス接遇検定

サービス接遇検定とは、サービス業務に対する心構え、接客応対技術、会話法から立居振舞いのレベルを証明する資格です。試験に向けての勉強を通じ、サービスについての考え方や行動の基礎が形作られることを期待できます。金融や宿泊業、旅客運輸業などサービスシーンの多い業界からの受験者が多いという特徴があるのがこの資格です。

接客サービスマナー検定

接客サービスマナー検定とは、多くの業界で注目を集めている接客サービス力を総合的に判定する資格です。接客サービスの基礎から始まり、ビジネスマナー、クレームに対する対応など多様な知識と技能を習得することができる資格として、各方面からの受験者を多く集めています。前述したサービスマナー検定を基本的には似た内容ですが、近年増加している訪日外国人向けの応対もカバーしている点が両者の違いです。

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは、超高齢社会の日本において欠かせない住まいのアドバイザー的資格です。日々の暮らしにも役立つ知識としてはもちろん、福祉や介護に関わる業界においての必要知識を持ち合わせた人材として、各企業からのニーズが高い資格でもあります。福祉住環境コーディネーターは実務経験や年齢制限がなくだれでも受験可能であり、その点も魅力のひとつです。

星の数ほどある資格の中から、あなたにピッタリの資格を見つけよう!

ご紹介した以外にも、数えきれないほどの資格が存在します。きっとあなたの趣向に合った資格がみつかるでしょう。ただ、やみくもに資格の数を増やすのではなく、自分の目標とする職業と関連付いた資格をとることが重要です。目指す業界での就職や転職に向けて、関連する資格を取得し、スキルアップをしてみてはいかがでしょうか。

ケイマナニュース
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP