体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ今、がん医療に「精神腫瘍学(サイコオンコロジー)」が求められるのか<後編>

なぜ今、がん医療に「精神腫瘍学(サイコオンコロジー)」が求められるのか<後編>

皆さんは、「がんサバイバー」という言葉を聞いてどんな印象を受けますか?

がんにかかり、肉体的・精神的に苦痛を伴う治療を受け、命からがら恐ろしい病気から生還した人たち…そんな印象を受けられる方が多いのではないでしょうか。「かわいそうな人」というイメージを重ねる方もいるかもしれません。

いずれにせよ、治療後段階的に社会復帰していく患者さん、不幸にしてがんが再発・進行してしまう患者さん、そしてご家族をはじめとした周囲の人たちの苦悩は計り知れないものがあります。

そんな中、患者さんのメンタルケアや精神状態の評価、サポートや治療はもちろんのこと、ご家族をはじめとした周囲の人たちのケア、サポートも行う精神医学の専門分野「精神腫瘍学(サイコオンコロジー)」が不可欠になっています。

前編では、一線で活躍する精神腫瘍医(サイコオンコロジスト)である、小川朝生先生にサイコオンコロジーについて解説していただきながら、がんサバイバーである藤森香衣さん、心理カウンセラーの小高千枝さんとともに、がんとこころのケアについて考えました。

後編では、サバイバーの実態や、より具体的に病気や死と向き合い方についてアプローチしたいと思います。

「治って良かったね」というほど、がんサバイバーは単純ではない

藤森 香衣(以下/藤森): 当事者でないと、どうしても手術して、治療するということが具体的にはわからないので、もう治療して治ったんだからみたいに言われることが多いんですよね。

臓器を切除して身体が変わってしまった人とか、見た目は大丈夫そうでもいろんな不具合がある人がたくさんいる中でそれを言われてしまうと…。病気や治療についての基本的な知識が根付いてないんだなって。

なぜ今、がん医療に「精神腫瘍学(サイコオンコロジー)」が求められるのか<後編>

小川 朝生(以下/小川): そうですね、がんの場合生きるか死ぬか、というようにイメージが極端なのかもしれません。

がんの診断技術が格段に進んだ現代では、ごく初期の段階でがんが見つかり、小さな切除を行うだけでその後は経過観察を続けるだけ、という方も多いですし、薬や放射線がよく効くタイプのがんで、身体にメスはいれずに治療が終了する、というケースもあります。

サバイバーとはいっても、多くの方が抱いているイメージ通りの、何時間にも及ぶ大きな手術を行って、苦しい副作用のある抗がん剤の治療を何週間も行って、奇跡的に生き延びた人たち、ではないことも多いのです。

実際に、職場や親せきなどには秘密で治療を行い、誰にも気づかれないまま治療を終える方もたくさんいます。

なぜ今、がん医療に「精神腫瘍学(サイコオンコロジー)」が求められるのか<後編>

藤森: がんと診断されて治療に入ったとき、本当に何が起こるかわからなかった。自分でもうちょっと知っていたら、あの二週間の何もわからない苦しみが違ったものになったかもしれない。

私は仕事への不安はなかったのですが、職場に内緒で手術している人もいるじゃないですか。そうなると、隠している負担だとか、家族に当たっちゃったりして悪循環だなって。やはり、内緒にする方は多いですか?

小川: 若い方だと結構いますね。乳がんの方など、親に内緒で受ける方はいます。がんに罹るということは、当然ながらどんな形であれ、本人やその家族にとって非常に大きな出来事であり、それを受け入れ、対処し、元の生活に戻るまでというのは大変な負担がかかるものです。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。