ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とっておいて損はない!給料が高い資格は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どうせなら、安定した職について、安定した高収入を得たいと誰しも思いますよね。ですが、給料の高い資格は、やはり難しく、取得のために長い年月たゆまぬ努力が必要です。ですが、これをとったならばまず食いっぱぐれることはないという安定感を得ることができる、資格をもつことでその道のプロフェッショナルとして働く喜びを得ることができるなどメリットはいくつもあります。ここでは、高収入が見込める資格をご紹介します。

不動の3大国家資格医師・弁護士・公認会計士。それに次ぐ税理士

収入と難易度の高さはほぼ比例するものですが、高収入といえば医師、弁護士です。こちらは受験資格があり、医師は医学部を卒業すること、弁護士は法科大学院終了か司法試験予備試験を合格すること。受験資格からかなりハードルが高く、両者とも最高難易度かつ、就職も安定していますが、それらにつぐ資格はというと、3大国家資格といわれている公認会計士です。監査・会計の専門家で、財務諸表監査を独占業務としており、独立開業も可能。収入も高く、受験資格がないことから、たゆまぬ努力ができれば、資格取得も夢ではありません。ただ、高難易度の試験なので、勉強時間は早くても3年はかかること、独学では難しいので、スクールに通うことが必要です。また、公認会計士につぐ資格として税理士があります。こちらは税務を扱う資格で、公認会計士ほどではないにしろ、難関です。まあ受験制限があり、学歴や実務経験で該当しない人は、簿記1級を取る必要がでてきます。

中小企業診断士は経営のプロフェッショナル

国家資格である経営コンサルタントが中小企業診断士です。企業で働きながら資格取得を目指す人が多いですが、勉強時間は1300時間ほどが目安とかなり時間がかかる資格です。しかしながら、マネジメント能力がつくなど取得を推進している企業も多く、資格をとれば昇給する可能性が高いでしょう。

IT系ではシステム監査技術者とITストラテジストが高収入

システム監査技術者とは、被監査対象から独立した立場で情報システムや組込みシステムを監査する人、または情報システム責任者の資格です。900時間ほどの勉強時間が必要といわれています。一方ITストラジストは、経営戦略に基づいたIT戦略の策定するコンサルトまでこなせる高度IT人材の資格。こちらの勉強時間は1000時間ほどと、IT系では最難関の一つになります。

受験資格ありの一級建築士、歯科医師、薬剤師

受験資格として建築科目の修了や、実務経験が必要になってくる一級建築士は、高収入が見込める資格です。2級建築士の資格があれば受験できますが、2級建築士になるためにはまたもや建築科目の修了か実務経験が必要です。建築に関する学歴がない場合は、7年の実務経験があれば受験できますので、7年後の2級の試験に向けて計画的に勉強をしましょう。また、その他にも歯学部を卒業する必要がある歯科医師も高収入が望めます。それに次いで、専門職である薬剤師も高収入です。受験資格は薬学部(6年)を卒業することと、社会人からは取得が難しい資格でもあります

その他の資格

業務内容が重なる部分もある司法書士、行政書士ですが、やはり司法書士の方が難易度、収入も高くなっています。その他不動産鑑定士ですが、受験制限こそありませんが、公認会計士に並ぶほどの難易度となっています。ただ、資格所有者が少ないこと、将来性があることなどから、不動産関連の職種の方は、是非がんばってみる価値はあるでしょう。

いかがでしたでしょうか?やはり高収入が見込める資格は、勉強もとても大変です。ただ、プロフェッショナルとなることで、仕事へのアプローチもかわり、やりがいが増すこと請け合いです。気になる資格があったら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP