ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】死を内なる自然とし次の生命の始まりとする極意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『私流に現在を生きる』堀文子/中央公論新社/1200円+税

【評者】嵐山光三郎(作家)

「慣れない、群れない、頼らない」ことが堀文子さんの生きかたである。97歳で「現在」を描き続ける日本画家をつき動かす力はどこから来るのか。自在なる生涯を語る自伝は、戦争、辺境への流浪、行くさきざきの国で出あった人々や事件とからみあい、読みだすと息もつかせず、さながら痛快冒険小説のような迫力がある。

 これほど度胸がすわった麗人が日本にいる、という奇蹟。堀さんが23歳のとき、日本は真珠湾攻撃によって戦争に突入し、兄と弟をうしなった。東京大空襲で平河町の生家が焼失し、敗戦をむかえた。焼け野原に花の種をまいて咲かせた。以来、草花の命は堀さんが描くテーマになっていく。

 パリで暮らし、ニューヨーク黒人街、ユカタン半島のマヤ遺跡で「逆上」して絵を描く。精神が「逆上」したときに描き、対象にのめりこみ、作品は堀さんの血肉や魂を奪っていく。描き終えてしまえば抜け殻となる。

 八十二歳のとき、青い罌粟(けし)ブルーポピーを求めてヒマラヤへ旅した。カトマンズから北西二百四十キロのドルポ地区を基地として、五千メートル級の山へヘリコプターを飛ばし、渦まく雲のあいだをぬって、断崖のふちの小さな草原へ着地し、酸素マスクをつけて行進した。することが尋常でない。

 そして、岩かげに咲く高さ20センチほどの青い花、ブルーポピーを発見して、スケッチした。命がけのスケッチである。写真は撮らない。生き物を拒絶する厳しい環境のなかで、人目を避けるように一株だけ咲いていた。

 帰国後アトリエで制作したブルーポピーの絵は大評判となったが二度と描くことはできない。さらに堀さんを「逆上」させる原始の感性にのめりこんでいく。描くことが生きることになる。

 97歳になると「死がわたくしの体の中に入ってきた」と感じた。死は同居人のようなもので、内にいる自然であるから、死と親しんで、死と道連れで生きる。「死は終わりでなく次の生命の始まり」とする極意に感服した。

※週刊ポスト2016年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高齢化が進み生活保護受給者が増えたドヤ街の現状を描いた本
江原啓之氏が不安解消し幸せに生きるための法則を伝授する書
染井吉野の生い立ちや桜の開花する仕組など桜について知る本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP