ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ノーベル賞の受賞者 日本は22人で中国は3人で韓国は1人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 経済や政治だけでなく、文化・学術面でも何かと比較される日本・中国・韓国。3国を宇宙開発、学術分野における客観的な数字で比較してみた。

■これまで宇宙に行った人の数
(1)日本 10人
(1)中国 10人
(3)韓国 1人

■ノーベル賞受賞者数
(1)日本 22人
(2)中国 3人
(3)韓国 1人

 宇宙飛行士の数は日本と中国が10名。どちらも10名のうち2名が女性となっている。宇宙事業はアメリカとロシアが牽引し、日本やヨーロッパがそれに続いていたが、2000年代以降、中国が急浮上している。宇宙の覇者が人類の覇者を意味した冷戦時代はとうの昔だが、中国の過度な力の入れようは何を意味するか。

 先日の晩餐会も記憶に新しいノーベル賞では、これまでに受賞した人数は日本が22人、中国が3人、韓国が1人(受賞時点で各国の国籍を有する人数)である。

 後れを取っている格好の韓国は、特に学術分野での受賞がゼロであることに、コンプレックスをもっているとされる。

※SAPIO2016年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ウリジナルで発明多数を主張の韓国 ノーベル賞は平和賞1人
【日韓比較・学術文化編】世界大学ランキング、宇宙飛行士数
「活版印刷」と「羅針盤」 韓国が起源は韓国人の間では常識

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP