ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『パディントン』 松坂桃李、斉藤由貴、三戸なつめが勢揃い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月15日から公開された映画『パディントン』だが、同作の原作児童小説は世界40か国語以上で翻訳され、3500万部の売り上げを誇る。そんな映画の日本語吹き替えは、松坂桃李、斉藤由貴、三戸なつめらが担当している。

 この3人が、1月16日、TOHOシネマズ新宿の舞台挨拶に登場した。蜂蜜を所望するパディントンはかなり紳士なクマ。当日は、3人が巨大な熊手を完成させ、作品の大ヒット祈願を行なった。

 実際に3人が用意した熊手は「祝」「大」「ヒット」というド直球のもの。パディントンも登場し、訪れた観客を盛り上げた。

撮影■矢口和也


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
檻に閉じ込められた浅田舞 見事に脱出ミッション成功でドヤ顔
妖怪ウォッチ映画版 長澤まさみ、堀ちえみらがアフレコ公開
映画『アントマン』吹き替え挑戦の内田有紀 キュートな笑顔

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP