ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日常への帰還!長期旅行やワーホリから帰国前にやっておくべき6つのこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

非日常的な長期旅行やワーキングホリデー。ややもすると人生観すら変えてしまったかもしれない海外の余韻は、おそらく帰国後もしばらく続くことでしょう。

しかし、あなたが海外にいる間にも、当然ですが日本ではいつもの日常が続いていました。帰国すると非日常から、日常へ帰還することが求められます。

 

そこで今回は、よりスムーズに日本での日常に戻ってゆくために、帰国前にしておくべきことを6つピックアップして紹介します。

非日常を引きずって腑抜け状態にならないように、また帰国後の生活をより良いものにするためにも、これらのことは要チェックです。

 

帰国前に日本の情勢をきちんと知っておく

Photo by Moyan_Brenn

長期旅行やワーキングホリデーともなると、日本の社会情勢、特に景気の変動については全く変わってしまっていることもあるかと思います。

帰国して「浦島太郎」にならないためにも、まずは帰国する前に日本の国内情勢をネットなどからしっかり情報収集しておきましょう。

 

住民票等の手続きに関して確認する

Photo by beve4

海外生活や長期旅行を始める前に、住民票を抜いて旅を始めたという方も多いかと思います。再度住民票を交付してもらう手続きや、健康保険等の諸手続きは事前にどうしておくのかを確認しておかないと面倒なことにもなりかねません。今一度手続きに関してはチェックしておきましょう。

 

事前に住む場所等の確保を行う

Photo by watertowerUC

実家暮らしという方はこの点に関しては心配ないと思いますが、一人暮らしをされている方は帰国後に住む場所を事前に確保しておいた方が帰国後の活動もよりスムーズになると思います。ネット上からも物件探しは行えますから、時間を作って探しましょう。

 

就職活動をどうするか決めておく

Photo by Dick Thomas Johnson

ほとんどの方が、帰国後も働いて食い扶持を稼いでいく必要があるかと思います。帰国後の職をどうするかということをきちんと決めておくことはマストになるでしょう。

就職活動を行うのか、前の職場に復職をするのか、はたまた起業を行うのか。道は数多くありますから、自分にとっての最適解がどれかをきちんと見極めるようにしましょう。

 

自分をアピールする方法を考えておく

Photo by Dick Thomas Johnson

長期旅行や世界一周、ワーキングホリデーの経験者はそれほど珍しいわけではありません。就職面接で大層に体験を語っても、人事の人には「で?」というような反応をされてしまう可能性もあります。

就職活動の際には具体的に自分のアピールポイントがどこかを明らかにしておきましょう。

 

 

自分の中で何が変わったのかを明らかにする

Photo by Romtomtom

前述したことと繋がりますが、自分が海外に行って「どんなところが変わったのか」ということをきちんと自己覚知しておくことが最も重要です。

就職するにしても、起業するにしても、自分にとっての海外経験がどんなものだったかを明らかにしておかなければ、ただ海外に行ってきただけになってしまいます。自分の経験を人生の中でより良いものにするためにも、これは抜かりなく行いましょう。

まとめ

いかがでしたか。長期間の海外経験は内容にもよりますが、あなたの人生観を少なからず変えてくれるものでしょう。しかしその変化した価値観を帰国後に活かすためにも、まずは地に足を着ける必要があります。

日本の日常にスムーズに戻ることで地に足が着き、自分の経験を社会に還元してゆくことも可能になるのではないでしょうか。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP