ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宇多田復帰はエヴァ公開フラグか

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2010年8月から「人間活動」に専念するとして音楽活動を休止している歌手の宇多田ヒカルが、4月4日スタートのNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌を担当することが発表された。2012年11月に公開された映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のテーマソング「桜流し」以来となる楽曲発表に、ネット上のファンも大喜びだ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

活動休止中の宇多田ヒカルを主題歌に起用したことについて、『とと姉ちゃん』の制作統括・落合将氏は番組公式サイトで「復帰宣言すらしていない彼女にオファーするのは大変勇気がいりましたが、結果は、奇跡のようなタイミングでお引き受け頂き、喜びで胸が一杯です」とコメント。どうやら“一か八か”のオファーだったようだ。

また、宇多田本人もツイッターで「仕事の話じゃい!4月4日から始まるNHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』の主題歌をやらせていただくことに」と報告。さらに「今、ちょうど曲の真ん中辺りの歌詞残り一行を絞り出そうとしているところ」と、まさに作詞の途中であることを明かした。

そんな宇多田だが昨年12月に一度復帰報道が出ている。しかし、この時は所属レコード会社と、宇多田の父で音楽プロデューサーの宇多田照實氏が復帰を否定。ファンにとってみれば、一度肩透かしを食らったうえでの今回の正式な復帰発表ということで、ツイッターでは、

「宇多田ヒカル新曲、これはガセではなく事実だな?喜んでいいんだよね?」
「今度こそ宇多田ヒカルの復帰は 信じていいよね!?」

などと少々疑いつつも、喜びをかみしめている様子だ。

また、前述した『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の「桜流し」を含め、過去3作の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』では宇多田がテーマソングを担当している。そんな宇多田が復帰するということで、ツイッターでは、

「宇多田ヒカル復活と聞いてシンエヴァフラグと考えてしまう程度のエヴァ脳」
「そういえば宇多田ヒカル復帰したしそろそろ新劇エヴァやるよね???」
「宇多田ヒカル再開したってことは庵野にもエヴァを早く作ってもらわねばだ」
「宇多田ヒカル復活→今回もエヴァ主題歌オファー→劇場版エヴァの新作発表 の流れ期待!」

と、現在製作中の次回作『シン・ヱヴァンゲリヲン劇場版』の完成に期待を寄せるネットユーザーも多かった。

ちなみに『シン・ヱヴァンゲリヲン劇場版』の総監督である庵野秀明氏は、実写映画『シン・ゴジラ』でも総監督を務め、こちらは7月29日に公開予定。エヴァ新作の完成は、少なくとも『シン・ゴジラ』よりも後となりそうだ。
(小浦大生)
(R25編集部)

宇多田復帰はエヴァ公開フラグかはコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

宇多田ヒカル復帰騒動、ファン困惑
宇多田の“突発的活動”うらやましい?
紅白で観たい!未出場歌手1位は?
宇多田ヒカル×人力ボーカロイド 本人も絶賛
新朝ドラ、玉木が変質者に見える!?

R25
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP