体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミケランジェロの「ダビデ像」がアクションフィギュアに

エンタメ
ダビデ像,David

巨人ゴリアテに立ち向かう少年ダビデの勇姿。列強に囲まれた当時のフィレンツェを象徴しているのだとか。

1504年にミケランジェロが公開したルネサンス彫刻の大傑作「ダビデ像」のアクションフィギュアが、figma「テーブル美術館」シリーズの第四弾として発売される。「ダビデ像」と言えば、特に絵画を学んだことがある人にとってはお馴染みの存在だろう。正確な人体構造の観察に基づいた造形がなされているため、デッサンのモチーフとして用いられることが多いのだ。

今回フィギュア化されたダビデ像は、ミケランジェロによるオリジナルの造形をしっかりと再現しており、さらにfigmaシリーズでおなじみの関節パーツにより様々なポーズをとることも可能。優れた美術作品を模したデッサン人形として、創作意欲を盛り上げてくれる。巨匠が遺した偉大な彫刻に様々なポーズをとらせることができたら…というシンプルな欲求を叶えてくれる「ダビデ像」。芸術性と実用性を兼ね備えたデッサン人形として、絵師の皆さんなら一体は確保しておきたいアイテムだ。もちろん職場のデスクに飾って、休憩時間には神話の世界に思いを馳せる、なんて楽しみ方をしても良いだろう。価格は4,444円(税抜)、発売は2016年5月を予定している。

※製品は自立しません。付属の台座を使用してください。掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合があります。商品の塗装は彩色工程が手作業になるため、商品個々に多少の差異があります。予めご了承ください。

ダビデ像,David

下から見上げたときにハイライトとして見えるように造形されたというハート型の瞳まで再現されている。

ダビデ像,David

肩にかけているのはタオルではなく男のロマン、投石機。

ビデ像,David

手足の交換パーツも付属し、コミカルなポーズを取らせることもできる。遊び心も忘れない姿勢はgj。

ビデ像,David
1 2次のページ
YATTAR JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会