ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

旅の写真を友だちと共有できるアプリ5選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

旅行に行ったら写真をパシャリ、もはや当たり前ですね。それに拍車をかけるようにスマートフォンの普及によってより写真を撮ってそれをどこかに共有もはや当たり前の光景です。

いや、でも待てよ、どこに共有すればいいんだろう?なるべく人の多いところで、いやいや私は身内だけで、世界中の人からコメント欲しいあると思います。

今回はどんな要望が来ても大丈夫なよう写真共有アプリを厳選して5つ紹介します。

 

超がつくほどド定番!写真共有と言ったら『Instagram』

instagram

もはや説明不要の写真共有SNSサイトInstagram。お笑い芸人の渡辺直美さんが利用されていることでも有名なサービスですね。

利用料金はもちろん無料で、アプリを使うことによってすぐに投稿ができます。Twitter,Facebook,Ameba,Flickrにも同時に投稿できます。

使い方はアプリからではなくアルバムから上げたい写真を選びInstagram共有のほうが使いやすいです。
なんといっても世界中の人が使用しているので、様々な写真が楽しめます。

【Android版】 【iPhone版】

 

LINEユーザ必見!アカウントがあれば家族や友人だけに共有ができる『aillis』

aillis

こちらのaillisは無料のアプリで、主に画像を加工するときに使いますがLINEのユーザだとすぐ使うことができます。

このアプリの特徴は、撮った写真を見栄え良く加工でき、加工のレベルも有料レベルと近いものがあります。

 

フレームの種類もたくさんあり、コラージュ写真も作れます。あなたの想像次第でどんな写真も素敵に加工ができちゃう!

使い方はアプリ起動ですぐ使うことができます。✔マークを押すとLINEユーザに送信するボタンが出てくるので、共有したいユーザの送信を押すとLINEユーザに送られます。

出来上がった写真はそのままLINEユーザと共有でき、TwitterやFacebookにも投稿ができます。
身内がLINEユーザならそれだけで事足ります。

【Android版】 【iPhone版】

 

容量無制限が超嬉しい『Googleフォト』

Googleフォト

 

こちらのアプリはGoogleが提供する無料で写真を保管するサービスです。Googleアカウントがあればそのまますぐに利用できます。

一番嬉しいのが保管サイズを1600万画素を選ぶと容量が無制限になるところです。これならいくら写真とっても綺麗に残せます。一番嬉しいのが共有するかしないか自分で選べるところです。

 

共有するとリンクが作成され、それをTwitterやFacebook等に投稿する形になります。使い方は、Googleフォトアプリをダウンロードし、1600万画素サイズを選んで自動同期するときの設定を選んで準備完了。

あとは、バックアップされたことを確認して共有したい写真を選ぶだけです。

【Android版】 【iPhone版】

 

ユニークに写真を共有したい人必見!動く写真『fyuse』

fyuse

写真といえば静止画そんな時代はもう終わりを告げるかもしれません。皆さん動く写真で思い出すといえばハリーポッターでしょう。

まさかそんなことが!?できるんです!それがこのfyuseです。動く写真はただの写真よりインパクト大ですよ。

無料で利用ができ、カメラボタンを長押しして自分が動くだけです。Androidバージョンもありますが重たくてアプリとして機能しないのでiPhone版だけのリンク掲載とします。

【iPhone版】

 

画質に拘る人&ガッチリ交流したい人必見!『Latte Camera』

Latte Camera

先程Googleフォトを紹介しましたが、これよりも最強のサービスが存在していました。こちらのアプリは、容量無制限で写真の撮った画質のまま投稿できます。

そして投稿してすぐに反応が返ってきましたのでガッチリ交流もできます。旅行先の写真が数多く、アプリ内SNSでこちらも全世界に配信されます。

Twitterのアカウント情報で登録でき、TwitterやFacebookにも同時投稿が行えます。
※Android版には加工機能がありませんが撮影するときのカメラが選択可能です。

【Android版】 【iPhone版】

 

まとめ

以上厳選して紹介した5つのアプリたちですが、この中でも特にオススメなのがGoogleフォトです。何事もそうですが容量無制限以上のサービスはありませんので、ひたすら撮って共有したい写真を選べます。

投稿するにもTwitterやFacebookやInstagramと様々なSNSに投稿が可能な点でGoogleフォトに軍配があがりました。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。