ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プラス100円でできる! 簡単炊き込みご飯レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


一人暮らしで自炊をしていると、材料があまり減らないせいで、似たようなメニューが続きがち。特に勉強にバイトに忙しい学生のみなさんは、代わり映えのしない食卓にお困りではないでしょうか。

そこで、ご提案です。いつもの白ご飯を炊き込みご飯に変えてみませんか? ご飯が違うだけで、食卓の彩りがパッと変わってきます。

炊き込みご飯というと具材がいっぱいで、下準備が大変そうというイメージがありますが、材料を入れて、あとは炊飯ボタンをピッとするだけで簡単にできるものもあるんです。今回は、約100円の具材をプラスするだけで、簡単にできちゃう炊き込みご飯レシピを3つご紹介いたします。

1.寒い季節にぴったり! ポッカポカ生姜炊き込みご飯


【材料/米1合分】
生姜 20~40gほど
粉末ダシ 小さじ2杯
しょうゆ 小さじ2杯


身体を中からポッカポカにしてくれる生姜。とても冷え込んだ日や、風邪を引きかけているときオススメなのが、この炊き込みご飯です。生姜はスーパーで一かたまり100円程度で売っています。


まず、生姜を千切りにし、研いだお米(1合)に切った生姜を入れます。お米の水は生姜から水分が出るので、気持ち少なめにしておくと良いでしょう。生姜の量は、お米の表面がうまるくらい入れるとガツンとした生姜の辛さを楽しめます。辛いのが苦手な方は生姜の量を減らしたり、できるだけ細く切ったりして調節してください。

粉末ダシを小さじ2杯分、全体に振りかけ、しょうゆを二回し。あとは炊飯ボタンを押すだけです。


炊き上がったら、生姜が全体に行き渡るように混ぜて完成。味が足らないときは、粉末ダシやしょうゆを足して調整してみてください。

湯気から刺激的な生姜の香り。生姜のピリリとした辛味で、食べたそばから身体はポッカポカ。あとからほんのりダシとしょうゆの優しい風味が追ってきて、ご飯の甘さを引き立ててくれます。食欲がいまいちなときも、これなら箸が進みます。


トッピングに白ゴマやかつおぶしをのせるのもオススメです。

2.オムライスのご飯にも! 洋風トマト炊き込みご飯


【材料/米1合分】
缶詰トマト 1個分
コンソメ粉末 小さじ2杯
塩・コショウ 適量


炊き込みご飯というと和のお料理のイメージですが、洋風になっちゃっていいんです。

100円均一などで売っているトマトの缶詰を用意します。トマト缶はパスタやスープを作るときにも重宝するので常備しておいて損はなし!


お米(1合)は研いで、水を少なめに入れておいてください。そこに、缶詰トマトを1個分入れます。ホールトマト缶なら、切らずにまるまる1個、カットトマト缶なら、だいたい1個分を入れます。中のソースも入れてしまいましょう。

コンソメ粉末を小さじ2杯分くらい全体に振りかけ、塩・コショウをひとつまみずつ。コショウは、ブラックペッパーがオススメです。あとはスイッチオン。


炊き上がったら、トマトが全体に行き渡るように混ぜて完成。味が足らないときは、コンソメ粉末や塩を入れて調整してみてください。

トマトそのものの味わいが楽しめる炊き込みご飯。甘酸っぱい香りを楽しみながら、一口食べると、トマトの爽やかな酸味が口いっぱいに。そして、噛めば噛むほど、トマトのコク深い甘みを堪能することができます。シチューやポトフのお供に最適です。


トッピングに粉チーズを振りかけるもよし、炊くときに、鶏肉や玉ねぎ、にんにくなどをプラスして、オムライスのご飯にするのもアリですよ!

3.マーガリンでOK! 鮭味噌バター炊き込みご飯


【料/米1合分】
塩鮭 一切れ
味噌 大さじ1杯半
マーガリン 大さじ2杯


魚って、一人暮らしだとなかなか手が出せない食材ですよね。でも、そんな魚の中でも鮭はお値段が手頃で調理もしやすく、皆さんもよく食べられるのではないでしょうか。

おかずとして万能な鮭を、主食としてもおいしくいただいちゃいましょう。


お米(1合)を研いで、味噌を大さじ1杯分溶き入れます。真ん中に鮭を置き、マーガリンをオン! 本当はバターでやりたいところですが、バターは高いですよね。大丈夫です。マーガリンでもしっかり風味が出ます。バターがあれば、ぜひバターでやってみてください。


炊き上がったら、鮭の骨をとってから、全体に行き渡るように混ぜて完成。皮ごと混ぜるのがオススメですが、食べれられないという方は、骨と同じタイミングでとってしまってください。

炊飯器を開けた瞬間から、優しく甘い香りが辺りにぱぁっと広がります。香ばし味噌とホクホクジューシーな鮭。それを、マーガリンのまろやかさが包み込んで、ほんわか幸せの味。自然と頬がゆるんでしまうこと間違いなしです。


かつおぶしをのせたり、マヨネーズやしょうゆを加えてみてもまたおいしいですよ。

炊き込みご飯は、チョイ足しするだけで簡単にいつもの食卓を変えることができます。ご紹介した3品は、具材を増やしたり、トッピングを加えたりすることで、まだまだアレンジ自在。皆さんも、自分オリジナルのおいしい炊き込みご飯にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:Nagaya Ayaka 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP