ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

懸賞当選者の選び方裏側 4人の関係者がぶっちゃけ座談会

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 みんなが当てたいお得な懸賞。運がなければダメと思っている人も少なくないが、当てるためには秘訣があるという。抽選するスタッフ4人で、懸賞の裏側を解き明かす座談会を開催した。

【座談会メンバー】
A香さん:PR会社。主に化粧品会社が主催する雑誌、新聞のプレゼントキャンペーンを担当。

Y奈さん:抽選代行業。大手メーカーなどから依頼を受け、「事務局」を代行する会社に勤務。

C絵さん:某出版社編集部。雑誌のプレゼントコーナーを企画。応募はがきも自ら目を通す。

D子さん:主催メーカー。広報宣伝部に勤務。はがきは自社に送付してもらい、自ら抽選を行う。

A香:はがきの応募でまず“アウト”になるのが、宛先などの必要事項がきちんと書かれてないもの。うちはPR会社なので、同じキャンペーンでも、新聞や雑誌など複数の媒体から応募がきます。抽選は、その媒体ごとに行うので、「~係」と書いてないと、仕分けできず、抽選対象にすらなりません。

Y奈:私も宛先が省略されてたり、「御中」が書かれてないもの、感想欄に自分の商売のPRが書かれているものなどは、省いちゃいますね。クライアントと一緒に選ぶ時もあるので、失礼なはがきはクライアントに見せられません。

C絵:自分の郵便番号を間違えている場合も多い。郵便番号をパソコンに入力したら、書いてある住所と違う場所が出たので、ボツにしました。

D子:クセの強い文字の人も困りますよね。住所が読みにくいと、時間のロスにもなるので、他の人に差し替えます。うちはメーカーなので、商品の感想や要望が書いてあったり、商品を使っている写真やイラストが入っているとうれしいですね。“こういう味も欲しい”“ここが不便”などの一言をつけてもらえるとありがたくて、お礼に当ててあげたくなります。

Y奈:コメントもそうだし、デザインが凝っているはがきを見るのも、けっこう楽しみ。ぶっちゃけ、自分好みのはがきから選ぶことも(笑い)。

A香:おもちゃプレゼントで、子供の写真に吹き出しがついていて、「当たりますように」なんて書いてあると、やっぱり当てたくなっちゃいます。当選者がどういう人かわかると安心。

D子:子供の写真つきのものを1回当てたら、毎回同じ写真で送ってくる人がいて…。

C絵:あ、この人、前も来たって、インパクトのあるはがきは覚えていますよね。もちろん、続けては当てませんが。

D子:ひとりで何十枚も送ってくるとか、印刷ではがきを作る人は手抜き感があってイヤ。凝りすぎる必要はないけれど、心のこもったはがきがいいですよね。当たったら喜んでくれそうな人にあげたい。

C絵:わかる! 当選を電話で伝える場合もありますが、反応が薄かったり、応募したことを忘れられたりすると、当てなきゃよかったと思う。

Y奈:いずれにせよ、はがきは“書いて出す”という手間があるから、メールで応募してきた人より当ててあげたくはなりますね。

D子:はがきとメールの両方で募集する場合、どちらからも同じ人数の当選者を出すので、はがきが有利。はがき応募数は、メールの5分の1ぐらいかな。

A香:たしかにはがきの応募はメールより少ない。小さいキャンペーンなら、1000枚ぐらいのことも。これで50人が当選だったら5%の確率だから、宝くじより割がいい。

D子:メールは、個人情報がデータで残り、管理するのが大変なため、嫌がるメーカーも増えてきていますよね。これからは、はがき懸賞がもっと増えるかも。

C絵:つまり、はがき応募が当たりやすく、狙い目というわけですね。

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
20年で2000万円の懸賞達人 1等が魅力的なとき2・3等を狙え
懸賞で総額700万円分当てた主婦 コツは企業喜ばせるコメント
宝くじ70周年 CM出演権が当たるクイズキャンペーンを実施中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP