ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今クールドラマの見どころは「女×女」 注目3作品紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今シーズンの連続ドラマは、「女×女」の組み合わせが多い。女同士というと、恋敵のドラマが主流だったが、バディ系が増えている。中でも注目なのはこの3作だ。

 1つ目は、女だけの刑事ドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』(日本テレビ系)。変わり者の刑事・渚(堀北真希・27才)と、反発しながらも協力し合い、いつしか理解を深めていく雪乃(檀れい・44才)の関係が見どころだ。テレビ・ドラマ解説者の木村隆志さんは、このドラマの魅力をこう分析する。

「見た目も性格も水と油のような関係に見えて、肝心なところでは急にスイッチが入ったように結束を見せる。まさにこのドラマは、個性的な女性たちが、事件解決に向けて団結する瞬間を描いていて、終盤にはスカッとできるシーンが必ずあるんです」

 そして2つ目は、女同士の強い友情を描く『ナオミとカナコ』(フジテレビ系)。ふたりは大学時代の親友同士で、DV夫を殺し、完全犯罪をもくろむ。

「犯罪を止めるのも友情であれば加担するのもまた友情。DVを受ける親友・加奈子(内田有紀・40才)を救おうとする直美(広末涼子・35才)も、職場で不遇の状況に置かれています。このドラマの醍醐味は、つらい現実を変えようと、必死に計画を実行する2人の絆。犯罪なのに応援したくなってしまう。むしろ、彼女たちを追い詰める姉・陽子(吉田羊)のほうが悪者のように感じられます」(木村さん)

 さらに、『わたしを離さないで』(毎週金曜22時~・TBS系)は、男女3人の物語だが、単なる三角関係ではなく、本誌の必見ポイントはやはり「女×女」。

「ヒロインの綾瀬はるかさん(30才)と水川あさみさん(32才)が、力を合わせて“宿命”に立ち向かっていくという設定。過酷な宿命を背負った彼女たちが何を考え、どんな行動をとるのか。支配欲の強い水川さん演じる美和は、孤独ゆえに綾瀬さん演じる恭子に嫌な態度をとってしまう。女同士だからこそ本音をぶつけやすく、それが時に相手を振り回すことになるんです。そんな、誰もが持っている感情のぶつかり合いがうまく表現されています」(木村さん)

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし
杏、ギャラクシー賞贈賞式で魅せる美しさ 多彩な演技が評価
相武紗季 ノースリーブのドレスに身を包んだその麗しき美貌

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP