ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気をつけていたのに、二度目の不正出血!心の中で赤ちゃんに何度も「ごめんね」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠初期の7週に一度不正出血をして以来、生活には気を付けていたつもりでした。

無理な運動や疲労はさけて、穏やかな暮らしを心がけて居ました。

しかし自分の体質なのか、二度目の不正出血を体験することになってしまいました。

気が付いたのは朝目が覚めて、起き上がる瞬間でした。

まるで生理が来たような感覚を覚えたのです。

「え?また?」

と正直思いました。

特に体に負荷をかけた記憶はありませんでした。

貧血を起こしたように体からは力が抜け、立っているのが辛い状態でした。

体がとても重く、異常なだるさを感じたのを覚えています。

「早くお医者様に診てもらわなくちゃ」

と思うものの、なかなか体が動かず病院までがとても遠く感じました。

やっとの思いで病院に着くと、朝早くにも関わらず先客で混雑していました。

穏やかで嬉しそうに順番を待つ妊婦さんたちの姿が羨ましく、どうして私はと言う気持ちでいっぱいになりました。

お腹の子のためにも私がしっかりしなくちゃ、と気持ちを切り替え、だるい体を奮い立たせて順番を待ちました。

診察の結果は出血の跡は見られるものの、今は止まっており、赤ちゃんの心音も聞こえるとのことでした。

赤ちゃんの心臓の鼓動が聞こえた瞬間の安堵感は言いようのないものでした。

お医者様からは止血剤などが処方されました。

色々な種類の薬をもらい、なんだか不安になってきてしまいました・・・。

薬の副作用なども気になりましたが、飲まないで悪化させる方が何倍も怖いと思い、きっちりと服用しました。

その後出血はすぐに収まり、薬の服用も要らなくなりました。

不正出血はその後無くなり、穏やかなマタニティーライフを送ることができました。

二度の出血に見舞われながらも、たくましくお腹に居続けてくれる赤ちゃんに本当に感謝しました。

大事にしないお母さんでごめんね、と心の中で何度も謝りました。

こんなお母さんでも選んでもらったんだから頑張らなきゃ、と一層赤ちゃんを大事にしようと言う気持ちが深まりました。

著者:ぽにょ

年齢:35歳

子どもの年齢:2歳

子供ができてから、世の中の見方ががらりと変わりました。今まではなんて自分の事ばかり考えていたんだろう、と振り返って自分の若さを恥ずかしく思うことも多い今日この頃です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「まだ大丈夫」と思い仕事へ、そして…「赤ちゃんからのサイン」を見逃してしまった
どうか流産していませんように…!!12週で大量出血、絶対安静の2人目妊娠
37週、出血で深夜2時の入院。どんどん陣痛が強くなり、初産なのにトータル5時間!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP