ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、エントリー向けAndroidスマートフォン「008Z」を本日発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクモバイルがエントリー向けだがそこそこスペックの高いZTE製Androidスマートフォン「008Z」を発売しました。008ZはSIMロックの解除に対応したソフトバンク初の機種です。008Zのソフトバンクオンラインショップにおける販売価格は、新規(MNPも含む)における現金販売価格は37,920円。適用される月月割は1,580円/月で、24ヶ月使用した場合の端末実質負担金は0円。機種変更のにおける現金販売価格は契約月数問わずず45,120円。現機種を2年以上使用したユーザが機種変更した場合に適用される月月割は1,880/月で、24ヶ月使用した場合の端末実質負担金は0円。比較的低価格で販売されています。008Zのスペックは、3.8インチ(解像度800×480ピクセル、WVGA)、Qualcom MSM8255 1GHz、512MBのRAM、4GBのROM、最大32GBまで対応するマイクロSDカードスロット、背面に503万画素CMOS(オートフォーカス、フラッシュ付)を搭載。通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR、GSM(900/1800/1900MHz)、WCDMA(1500/2100MHz)、下り最大14.4Mbps、上り最大5.76Mbps。バッテリー容量は1,500mAh、WCDMA網でのスタンバイ時間は約450時間、通話時間は約550分。本体サイズは62mm×119mm×13mm、本体質量は133g。Source : ソフトバンクモバイル


(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola Droid HDの端末画像?がリーク
Samsung GT-I8150がベンチマークサイトに登場、1.4GHz CPU、Android 2.3.5搭載か
NTTドコモ、AQUOS PHONE SH-12Cの機能追加アップデートを8月25日より実施、緊急地震速報、スマートファミリンク、ペットの顔検出に対応など

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。