ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

怖がりさんは「旅人」になれないのか?旅人論について考える

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Daisuke Takishima「インド放浪記」

TRiPORTライターのMiho Takahashiです。
「旅に出たい!」「旅行したい!」 この二つのフレーズ、少しニュアンスの違いを感じませんか? 前者はなんだか「自由になりたい!」と叫んでいるようにも聞こえます。みなさんは「旅」と「旅行」を使い分けていますか?

私は「旅に出たい」というフレーズを使うときは、旅先で「自分の内面の深い部分に影響を与える出会いや体験」を求めている、逆に「旅行したい」と言うときは、旅行先で「リフレッシュできる楽しい体験」を求めていることが多いです。

それゆえ、「旅」ではあまり計画を立てすぎず、“偶然”の入る余裕をもっておき、「旅行」では“必ず”リフレッシュできるよう、事前に綿密な計画を立てておきます。しかしときには「旅行」に出かけたつもりなのに、図らずも「旅」になってしまい、両者の境目はとても曖昧だと感じることもあります。

では、「旅人」と「旅行者」という二つのフレーズに関してはどうでしょうか。「旅」と「旅行」について考えるとき、「旅人」と「旅行者」についても考えたことがあります。 私は少し前、「旅人とは、度胸のあるバックパッカーやカウチサーファーを指すのだ」と認識していた時期がありました。

その時はなんとなく「『旅人』ってリスキーでオリジナルで“かっこいい”ぞ」と感じつつ、臆病で計画魔である自分を「『旅行』しかできない“つまらない”やつだ」と思っていたのです。「旅人」に憧れつつ、怖がりゆえになれない自分に嫌気がさしていました。

でも振り返ってみると、つまらなかった旅行なんて、一つもありませんでした。バックパッカーやカウチサーファーのような経験はなかったかもしれないけれど、自分にとって忘れられない出来事や発見にあふれていたのです。

結局は、無計画であろうと計画的であろうと、度胸があろうと慎重であろうと、そんなことは関係なく「ハプニングも全部楽しむ」という心持ちさえあれば、みんな「旅人」と呼んでいいのではないか。つまり、「臆病者のわたしは『旅行』をする『旅人』だ!」と気付き、ひとりで満足して喜んでしまいました。

Photo credit: Hideki Tanaka「モロッコ:アーティストを魅了する国」

まとめると、私の中での定義は以下です。
「旅」  :自分の内面の深い部分に影響をあたえる出会いや体験を求める。やや無計画。
「旅行」 :リフレッシュできる楽しい体験を求める。計画的。
「旅人」 :ハプニングを歓迎し、楽しむ。
「旅行者」:計画に従って楽しく過ごす。

皆さんの感じるニュアンスの違い、定義の仕方はどうでしょうか。また、他のTRiPORTライターさんたちの記事も、とても深く考えられていて納得できるものばかり。一読の価値ありですので、ぜひお時間のあるときに目を通してみてください。(記事はこちらとこちら)

「旅」や「旅行」定義には、ひとりひとり違う見解があると思うので、ぜひ旅好きのあの人と、意見をぶつけ合ってみては?

ライター:Miho Takahashi
Photo by: Daisuke Takishima「インド放浪記」

Compathyで関連旅行記を見ましょう

Daisuke Takishima「インド放浪記」

Hideki Tanaka「モロッコ:アーティストを魅了する国」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP