ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ランタン祭り」実は、日本で開催されてるって知ってた?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ランタン祭り」といえば、タイ・コムローイ祭りや台湾・平渓天燈節が有名。ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』に登場したことから、その知名度は一気に高まりました。

「行ってみたいけど、海外だからなあ…」そう思っていたそこのあなた。実は、日本でも楽しめるそうですよ!

夜空に舞う約1,000個の灯篭
「スカイランタン」

そもそも、ランタン祭りは「正道」へ導かれるためのお布施として行われている伝統行事。その柔らかく温かい明かりは「知恵」を象徴しているのだとか。

発祥は今から約770年前。当時は通信手段として使われていたようですが、現在は無病息災を祈る民俗習慣として定着。夫婦や恋人同士が打ち上げる特別なイベントとして、メッセージを書き添えて天に祈りを届けます。


この「スカイランタン」が楽しめるのは、2016年3月12日(土)に開催される「第40回 つなん雪まつり」。新潟県中魚沼郡津南町のニュー・グリーンピア津南、大割野特設会場で行われ、約1,000個もの灯篭が夜空を彩るのだそう!

もともと、津南町では2010年に「雪ほたる」と称してこのイベントを企画。2012年に町内有志でスカイランタンの調達・実験・検討を繰り返し、「第36回 つなん雪まつり」において、震災復興の意を込めて実現に至ったようです。

残念ながら、今年の申込みは定員に達している模様。しかし、ニュー・グリーンピア津南の宿泊者は、天候さえ良ければ毎日「スカイランタン」の打上げを体験できるのだとか。

「やっぱり大勢で楽しみたい!」という人は、少し気が早いですが、来年の開催に期待しましょう!

Licensed material used with permission by つなん雪まつり

関連記事リンク(外部サイト)

【1ヶ月限定】瑠璃光院の紅葉が「幻の絶景」と呼ばれる理由とは?
CMのように、車で砂浜を走れる「千里浜なぎさドライブウェイ」
【都内から1時間】「日本のウユニ塩湖」で、あの写真がとれる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP