ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

民主党有力OB議員 野党統一で小泉進次郎担ぐべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 参院選に向けて野党連合構想が持ち上がるなど、永田町がせわしなくなってきた。この混迷の行方を読み解くべく政界OBの“老人党三役”が集まった。村上正邦(83歳・元自民党参院議員)、平野貞夫(80歳・元民主党参院議員)、筆坂秀世(67歳・元共産党参院議員)の3氏が語り合った。

──共産党が野党連合へ意欲をみせているが、肝心の民主党はどうなのか。

平野:民主党に期待できるかといえば、岡田(克也)・代表の記者会見を見ていてもねえ。次の参院選は憲法改正を阻止できればいい、それが目的だというんですよ。こんな負け犬根性では昔の社会党と一緒。新55年体制ですよ。

村上:だから、野党もそういう役職に就いていた奴らはみんな、この際、去るべきだよ。亀井(静香)も小沢(一郎)もそう。若い人たちを出して新しい連合体をつくらなきゃ。

平野:いや、だけど、若い連中は政治に対する感性がないね。我々が育てなきゃダメですよ。

村上:それはそうだけど。

平野:コンピューターばっかり使ってさ。スマホが政治をやっているようなものだよ(笑い)。期待できるのは小泉進次郎くらいでしょう。

村上:若すぎるよ、あんなのは。

平野:自民党をよみがえらそうと思ったら、そういう変化が必要じゃないかと。

筆坂:いや、僕はあの子は天才的な子やと思うよ。

村上:あれは何もないよ。

筆坂:親父に似ていて、短いコメントで的確に答える能力は大変なもんだよ。将来の自民党を背負うことは間違いない。

平野:それじゃあ、野党統一で、進次郎を担いだらどうですか(笑い)。

筆坂:いや、ホントにそうなの。野党が、進次郎を担げば面白いと思うよ。

※週刊ポスト2016年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
衆院落選議員 参院へ鞍替え図るのは借金苦から逃れる側面も
民主党議員 「蓮舫はいい女や」発言の鴻池祥肇氏をからかう
元共産党幹部 大自民党の元総理がポッと出政党になぜ媚びる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。