ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水原希子に瑛茉ジャスミンも 「切りっぱなしボブ」が人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年はブレイクした広瀬すずを筆頭に、ファッションアイコンの西内まりや、水原希子など芸能人の間でも大流行したボブヘア。今年もボブ人気は衰えそうにない。今流行しているのは“ロブ”(ロングボブ)。それも、エマ・ワトソン、水原希子、モデルの瑛茉ジャスミン、玉城ティナらが取り入れている切りっぱなしのボブ、“ブラントカットボブ”が流行ムードだ。

 今季のヘアトレンドについて、LIPPS表参道店の店長・トップスタイリストの蓑田朝菜さんはこう語る。

「今年はバツッとしたカットラインができる“切りっぱなし”がトレンドです。毛先のラインが揃うので毛先は重くても、すくことで量感は軽く、毛先にラフな動きが出るので、見た目の印象は重すぎないのが特徴です。シルエットはロブやボブでありながら、軽さがあって、赤ちゃんのふわふわした産毛のようなイメージ。カットラインをはっきり出さず、カットでクセのある感じやハネ感を出したり、パーマでウェーブや内巻きにして動きを出したスタイルなら、一般の方でも取り入れやすいと思います」

“切りっぱなしボブ”が人気の背景には、ライフスタイルやファッションのナチュラル志向がある。ファッションは抜け感のある「エフォートレス」がトレンド。昨年の秋冬から、レトロで懐かしさのある「フォークロア」にも人気が回帰しており、おしゃれな女性たちの間で流行りの“外国人風”も加わって、それらがヘアトレンドにも表れている。

「ファッションリーダーのオリヴィア・パレルモやミランダ・カーが支持されているように、ナチュラルな外国人女性が憧れの女性像となっています。ヘアスタイルも“外国人風”がテーマとなっていて、長さはロブで、パーマで柔らかさを出した、モードすぎずナチュラルな外国人風のスタイルが流行しています。ファッションもですが、作り込まないナチュラルなスタイルにみんなが着目していますね」(蓑田さん、以下「」内同)

 カラーもナチュラルでレトロな雰囲気になるベージュ寄りの色味がトレンド。寒色系ならアッシュ、赤系ならフローラルピンクなどベージュベースの柔らかくレトロ感のある赤味が流行っている。一色ではなく、細かくメッシュを入れて陰影をつけ、外国人風のニュアンスに仕上げるのがポイント。

 前髪はセンターパートに流行が高まりつつあるが、顔型によっては似合わないタイプも。最後に、顔型別に似合うロブを教えてもらった。丸顔は、顔がシャープに見えるよう、前髪と長さを調節して縦の印象を強調するといい。

「顎のラインでカットしてしまうと丸顔が強調されるので、それより5cmほど長めにすることと、前髪をセンターパーツにすると、顔の長さができるので顔をシャープに見せることができます。毛先にパーマをかけると横に広がりができてしまうので、パーマは縦巻きにかけるといいですよ」

 面長はその逆で、顎のラインでカットを。

「長さを出してしまうと縦長のシルエットになってしまうので、短いほうがいいと思います。長めに調節したい人は、表面にレイヤーを入れて丸みを出してあげてもいいですね。前髪は長めにして横に流すと面長が軽減されます。前髪を下ろして丸くパーマをかけても」

 ベース型は、角張った顔立ちを隠すように、フェイスラインに添ったカットを。

「輪郭の補正は、顔の出る内枠の形と髪型の外側のシルエットで小顔に見せます。面長の人と同じように、レイヤーで表面の髪の長さを少し短くして重さの位置を少し上にあげて、フェイスラインに丸みが入るようにカットするとエラの張りが目立たなくなります。前髪は、顔周りが四角くならないように、どこかに隙間を作ってあげるといいです。自然に流すか、流行りの隙間のある軽い前髪に。綾瀬はるかさんのようなアシンメトリーなら、幼くなりすぎません」

 逆三角は、パーマでボリュームを出したスタイルや、顔のラインをあえて出すスタイルをオススメする。

「輪郭がシャープなので、華やかにパーマをかけてボリュームを出すといいと思います。前髪に隙間がある方が似合うので、下ろして隙間を作ってあげる。逆三角の人は顔が小さい人が多いので、華やかさ出すなら顔の面積を出すほうが明るい印象になります。ベースラインも出した方がいいと思います。誰でもできる髪型ではないので、ロブにして耳にかけたスタイルもオススメです」

撮影■小彼英一(水原希子)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ボブとは違う? 水原希子らの「ボブディ」ヘア流行の背景は
青山の人気サロン 内田恭子と同じボブのオーダー200件以上
ソチ五輪 4人乗りボブスレーの真ん中2人は何をしているのか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。