ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2017年に予定されていた映画『ターミネーター』の続編3部作の計画が白紙に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米パラマウント・ピクチャーズは、製作を断念した映画『ターミネーター2』に代わる作品として、ドゥエイン・ジョンソン主演の映画『ベイウォッチ』を2017年5月19日(現地時間)に公開することに決めた。

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』はアーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイソン・クラーク、エミリア・クラークらが出演するターミネーター・シリーズのリブート版である。昨年夏に公開され、海外では3億5000万ドルの興行収入を稼いだが、国内ではたった8900万ドルに終わった。批評家の間でも不発に終わり、映画批評集積サイトの『Rotten Tomatoes』によると、批評家の支持率は26%となっている。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の共同出資者である映画制作会社のスカイダンス・プロダクションズは、初めは米パラマウントと共に3部作を計画していた。しかし売上の低迷を受け、“再調整”が必要であると昨年10月に発表した。

2014年当時、パラマウントは『ターミネーター』の2作目の公開を2017年5月19日、3作目の公開を2018年6月29日に設定した。北米の著作権法に従えば、『ターミネーター』シリーズを制作する権利は、オリジナルの映画『ターミネーター』が公開されて35年が経過する2019年に、原著作者であるジェームズ・キャメロンに返還される。

1990年代のTVドラマ『ベイウォッチ』のリブート版である今回の映画には、ザック・エフロン、アレクサンドラ・ダダリオ、ケリー・ロールバッハと新たなキャストとなるイルフェネシュ・ハデラらがジョンソンと共演する。セス・ゴードンが監督を務める。

ジョンソンは彼のパートナーであるダニー・ガルシアと共に、セブン・バックス・プロダクションズを通じて作品をプロデュースする予定だ。ボー・フリンとアイヴァン・ライトマンもマイケル・バーク、ダグラス・シュワルツ、グレゴリー・J・ボナンと共にプロデュースに加わる。

ダミアン・シャノンとマーク・スウィフトが最新の脚本のドラフトを執筆した。ストーリーの詳細はまだ謎に包まれている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP