ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Uberが、車ではなく「ヘリ」をスマホで予約できるサービスを開始!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパの大手航空機メーカー「Airbus」社が、タクシー配車サービスを運営する米「Uber Technologies」社に、ヘリコプターを提供すると発表したようです。

「Airbus」社のトム・エンダースCEOのコメントは以下のとおり。

「パイロットプロジェクトのため今後次第ですが、とても楽しみです」

提供される機体は「H125」と「H130」。1月21日からユタ州・パークシティで開催中の「サンダンス映画祭」を以って、プロジェクトの試験運転が開始する予定です。「Uber」といえば、スマホで簡単にタクシーを利用できる便利なアプリ。ですが、同社はこれまで、いくつかの場所でヘリコプターを利用できるサービス「Uberchopper」も実施しているのです。

気になる料金は?

ちなみに、2013年のF1レース・イベントで利用された際には、マンハッタンからハンプトンズ間(150kmほど)で、3,000ドル(約35万円)でした。

The Los Angels Times」によれば、ソルトレイクシティ空港からパークシティ内のヘリポートまでの15分ほどの飛行(直線距離にしておよそ40~50kmほど)を、昼と夜それぞれ、片道200ドル(約2万3,500円)・300ドル(約3万5,000円)で運行する予定。「Uber」アプリを使えば、誰でも利用できます。

「ついに空飛ぶタクシーが現れたか!」と興奮する人も少なくありません。ちょっとリッチな体験ですが、40~50kmをたった15分で移動できるのは魅力的ですよね。

Reference:The Wall Street Journal,The Los Angels Times

関連記事リンク(外部サイト)

「おっとっと!」と言ってしまう、楽しいワイングラス(動画あり)
【期間限定】「真っ白なスタバ」が新宿にオープン 新食感の“冬”ドリンクも
パカっと開くと家になるコンテナ。これスゴイ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP