ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

学歴・経験なしでも受験できる、仕事に繋がる資格13選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

資格取得の魅力の一つは、学歴や実務経験に代わり自分の能力の証明となってくれる点です。こちらでは、学歴・経験等の受験資格を要せずに試験を受けられて、就職や転職に繋がりやすい資格を厳選してみました。

法律・労務・経理系資格


行政書士

主に許認可等に関する官公署に提出する書類の作成や、これらを提出する手続を代理することを業務とした資格です。他の資格とあわせて独立開業される方が多くなります。合格率は10%程度でやや難関の資格です。

司法書士

不動産登記や商業登記などの登記業務を代行する専門家で、これらに関わる独占業務を持ちます。独立開業のほか、司法書士事務所や一般企業の法務等で必要とされます。合格率は3%程度と難易度はかなり高くなります。

中小企業診断士

中小企業の経営診断や経営に関する助言・提案を行うコンサルタントの資格です。独立の道もありますが、コンサルティング会社やその他の一般企業でも需要の高い資格です。合格率は4%程度と難易度はかなり高くなります。

公認会計士

監査や会計の専門家で、財務書類の監査および証明を行う事が主な業務とします。監査法人や会計事務所、また一般企業でも需要の高い人材になります。合格率は10%程ですが、試験自体はかなり難しいものとなります。

日商簿記検定

損益計算書や貸借対照表といった決算に使う帳簿の作成能力を認定する試験です。経理事務に就職に有利な他、1級を取得すれば税理士を受験できます。難易度は合格率が2級で25%以上、1級で10%とやや難関になります。

不動産・建築・技術系資格


宅地建物取引士

不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格で、不動産業界への就職に非常に有利になる他、他業種でも社の不動産管理・運用に役立つため就職の際評価されます。合格率は15%程度でやや難しい難易度になります。

土地家屋調査士

不動産の調査・測量を行って不動産の所在や状態、利用実態を明確にするのが主な業務です。調査士事務所に勤務の他、他の資格も取得して独立する人も多くいます。合格率は8%程ですが試験自体はやや難しい程度です。

測量士

建築・土木に関する測量を行うのが測量士の主な業務です。測量は工事設計の基本となるため有資格者への需要は高く、土木関連事務所や建築・建設業者への就職が多くなります。合格率は12%程でやや難しい程度です。

第三種電気主任技術者

電験三種の略称で呼ばれる電気設備保安管理の専門家です。工場など大型施設の高圧電気の管理・保全にはこの有資格者を選任する必要がある為、就職・転職に有利です。合格率5~10%とやや難関な資格になります。

電気工事士

建築物に電気設備の工事を行う際に必ず必要となる資格で、建設業界や電気工事会社などの就職に非常に有利になります。1種でも合格率は30%前後と比較的容易ですが、免状の交付にあたり実務経験が必要になります。

サービス系資格

旅行業務取扱管理者

旅行業を取り扱う専門家で、旅行会社では営業所ごとにこの有資格者の設置が義務付けられているため、就職の際有利に働く資格です。国内と総合の二種がありますが、どちらも合格率30%前後と比較的取得が容易です。

介護職員初任者研修

経験や資格が無くても誰でも受講する事ができ、 修了試験を終えれば取得できます。その後実務者研修、上位資格である介護福祉士を受ける道もあります。求人の多い介護業界では必須の資格なので取得価値も高いです。

販売士

接客マナーや販売技術といった接客業務に関する知識や商品提供の知識を習得します。小売・卸売業に就職する際には非常に評価の高い資格です。最難関の1級で合格率が10%程ですが、試験自体はやや難しい程度です。

効率的な勉強を心掛けましょう

学歴・経歴を問わず受けられる資格は数多くありますが、価値の高い資格となると当然に取得難易度は高まり、多くの勉強時間を必要とします。資格の講座を受けたり予備校に通うなど、効率的な勉強を心掛けましょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP