ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷蔵庫にはコレが入ってないと! 絶対に切らさない食材ランキング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いろんなものを保存できる冷蔵庫は、毎日の生活のなかで欠かすことのできない家電製品のひとつだが、みんなは冷蔵庫のなかにいったい何を入れているのだろうか? アンケート調査を行った。
調味料を抑えてお米が1位に!

今回のアンケートは、独身で一人暮らしをしている20~39歳の男女200名が対象となっている。冷蔵庫には飲料水や調味料、野菜など、いろんなものを入れていると思うが、絶対に切らすことのない食品はあるのだろうか。複数項目を用意し、あてはまるものすべてを選択してもらった。結果は以下のとおり。

Q.冷蔵庫の中身で絶対に切らさない食品は何ですか?(複数選択)

1位:お米(34.5%)
2位:マヨネーズ(28.5%)
3位:ケチャップ(27.5%)
4位:お茶(26.0%)
5位:卵(23.5%)
6位:牛乳(21.5%)
7位:味噌(21.0%)
8位:ドレッシング(20.5%)
9位:水(19.5%)
10位:ヨーグルト(18.5%)

堂々の1位に輝いたのは「お米」(34.5%)。調味料よりも上位にランクインするのは少し意外な気もするが、自炊をする人にとっては主食となるお米は大切な存在なのだろう。

2位は「マヨネーズ」(28.5%)。僅差ではあるが、3位の「ケチャップ」を抑えてNo1の調味料に。「マヨラー」という言葉があるほどの人気ぶりを証明した結果となった。

3位は「ケチャップ」(27.5%)。マヨネーズ同様にケチャップをかけるだけでおいしくなるおかずは多い。さらに、料理をつくる際の隠し味としても活用できるので、日ごろから使っている人も多そうだ。

【図1】なんとお米は半数の女性が選択している結果となった(SUUMOジャーナル編集部)ニンニクを保存するなら、常温・冷蔵どっち?

みんな自分の好きなものを冷蔵庫に入れているようだが、たまに「これって冷蔵庫に入れるべき?」と悩んだことがないだろうか? 今回はそれらに関する質問にも回答してもらった。

Q.次の食品を保存するなら常温・冷蔵どちらにしますか?(単一選択)
(左が常温:右が冷蔵)

・油類(93.5%:6.5%)
・生米(79.5%:20.5%)
・パン(75.5%:24.5%)
・開封済みの小麦粉など粉物類(69.5%:30.5%)
・醤油(69.0%:31.0%)
・お餅(65.5%:34.5%)
・ニンニク(54.0%:46.0%)
・チョコレート(46.5%:53.5%)
・リンゴ(46.5%:53.5%)
・味噌(22.0%:78.0%)

「油類」や「生米」、「パン」などの食品は、常温保存が圧倒的に多い結果となった。対して、「味噌」は冷蔵保存。「ニンニク」や「チョコレート」、「リンゴ」といった食品は半数に割れていて、人それぞれ保存方法が異なるようだ。

常温・冷蔵で保存方法を悩んだときは、今回のアンケート結果が参考になるかもしれない。しかし、例えば「パン」の場合。一般的には常温保存でいいけれど、梅雨や夏の時期はカビが発生しやすいため、常温保存するならすぐに食べたほうがいいといわれている。また「生米」については、冷蔵保存することで虫が発生しづらくなるだろう。

また「リンゴ」を冷蔵保存する場合は、リンゴから放出されるエチレンガスでほかの食材を傷めないように密封したほうがいいのだとか。このように、食品によって保存方法のメリット・デメリットがあるのでご注意を。

食品の保存方法で悩んだときは、ひとまず冷蔵庫に入れるのではなく、正しい保存の仕方を調べて冷蔵庫の限られた収納スペースを有効活用できるようにしよう。●調査概要
[冷蔵庫の中身に関する調査]より
・調査期間:2015年11月26日~2015年11月30日
・調査方法:インターネット調査(ネオマーケティング)
・対象:全国に居住する、20~39歳(未婚・一人暮らし)
・有効回答数:男女200名(男性100名、女性100名)
元記事URL http://suumo.jp/journal/2016/01/22/104575/

【住まいに関する関連記事】
1食100円!? お財布にやさしい節約レシピ3選
新生活から始めませんか?一人暮らしでも安心な冷蔵庫を使ったぬか漬け入門
ひとり暮らしのお金、毎月いくらかかる?
恋も笑顔も生まれそう? 一人暮らし賃貸でも満足のキッチンとは
売れ筋はどれ!? 渋谷ロフトで人気・目覚まし時計TOP5

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP