ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国の態度が根本的に変わらぬ限り放っておけばよいと大前氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国経済はいまだに「中進国のジレンマ」から抜け出せないでいると、経営コンサルタントの大前研一氏は指摘している。中進国とは、GDPが2万ドル~3万ドルの「先進国」手前の段階である。これらの国は、しばしば為替や労働コストが高くなって競争力を失い、GDPも3万ドルに近づくと落ちるという動きを繰り返す。韓国がその状態から脱するためには何をしたらよいのか、日本は韓国とどのように接していけばよいのか。大前氏が解説する。

 * * *
 韓国の若者たちの間では新たな言葉が流行している。「ヘル朝鮮(地獄の朝鮮)」だ。超競争社会で縁故採用が跋扈(ばっこ)する韓国は、カネとコネがない人間にとっては夢も希望もない地獄であるという意味で、現地紙の『東亜日報』がいち早く報じた。

 国際情報誌『SAPIO』(2016年1月号)に掲載された韓国在住ジャーナリスト・藤原修平氏のレポートによると、「ヘル朝鮮」はネットで急速に広まり、昨年11月14日にソウルの光化門広場一帯で開かれた反政府集会で大々的に用いられた。韓国の若者たちは大学を出ても就職難にもがき苦しみ、首尾よく大企業に入れたエリートでも、多くは40代で退社を余儀なくされてフライドチキン屋のオーナーになるのがオチだという。

 もともと韓国人の多くは本音では自分の国を嫌っていたが、いよいよ韓国という国の理不尽な現実に対し、国民が正面切って「HELL NO!」と言い始めたわけである。

 こうした現状を踏まえると、日本は急いで韓国との距離を縮める必要はなく、国全体として韓国の態度が根本的に変わらない限り、放っておけばよいと思う。まだしばらくは韓国が何を言おうが無視して様子見=韓国パッシングするスタンスが賢明だろう。

 それは別に韓国を見放すわけでなく、いくら日本を批判しても自国の改善にはつながらないことに思い至り、自分たちが真の先進国になるためにはどうすればよいか、冷静に考えられるようになるまで待つ、ということである。

 それは、韓国にさらなる苦難をもたらすかもしれない。では、これから韓国はどうすべきなのか?

 長らく韓国企業のコンサルティングを手がけ、韓国の大学の教壇にも立ってきた経験を持つ私が考える提言は、日本をはじめ周辺国に対する偏見を捨て、学べるもの、利用できるものをとことん吸収する。答えのない今の時代に対応するために記憶偏重の教育を改革する。性別や年齢などに対する偏見をなくし、コネ社会・縁故主義を排していく。そして、いつも暗い顔で不機嫌に見える朴槿恵大統領が、もっと明るく振る舞う──というものだ。

 今や日本人の韓国に対する感情は悪化する一方で、一世を風靡した韓流ドラマやK-POPのブームも終焉してしまった。しかし、日本に対する韓国の態度が変わってくれば、日韓が切磋琢磨しながら「ウィンウィン(Win-Win)」の関係になることは可能だと思う。ただし、それは建前やうわべだけの友好ではなく、苦言や忠告も遠慮なく言い合える成熟した関係でなくてはならない。それこそが、「最終的かつ不可逆的な解決」というものだろう。

※週刊ポスト2016年1月29日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国人 本田のJリーグへの発言受け「韓国へおいで」と絶賛
韓国人が語る「○○は韓国が起源」に長崎ちゃんぽん、豆腐等
韓国女性は美容にかける時間が日本人の2倍 平均で約68分

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP