ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『スター・ウォーズ』をめぐる『E.T.』、三船敏郎の関係

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のヒットで、スター・ウォーズ(SW)人気が再燃している。新年の挨拶で「映画、観た?」と聞き合うファン同士も少なくなかったのではないだろうか。そんなSWの裏側にまつわるエピソードをどうぞ。

 まず、SWの産みの親であるジョージ・ルーカス監督と、『E.T.』(1982年)のスティーブン・スピルバーグ監督は、古くからの大親友ということをご存じだろうか。

 当初ルーカス監督がSWを作り上げたとき、映画界では冷ややかな目で見られていた。実際、第1作の公開時は、わずか32館のみの上映。映画ジャーナリストの立田敦子さんは、「ルーカスは観客の反応を見るのが怖くて、公開当日はハワイに逃げていたほど」だったと当時の様子を語る。

 作家・ゲームデザイナーでSWに詳しい柴尾英令さんは、「酷評の嵐だったSWの試写で、“おれはヒットすると思う。最低でも1億ドルは稼ぐんじゃないかな”と、唯一SWを称賛したのがスピルバーグでした。資金は足りないわ、製作は遅れるわで四苦八苦していたルーカスにとって、彼は精神的支援だったと思いますよ」と分析する。

 そんな絆からか、エピソード1(1999年)にE.T.が出演。銀河系各国の重鎮が集まって会議をするというシーンに出演している。ちなみに『E.T.』では、ハロウィンのシーンにヨーダが特別出演。耳をすませば、ヨーダのテーマ曲も使われている。

 また、ルーカス監督がSWを作るにあたって黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』(1958年)をベースにしたというのが有名な話だろう。三船敏郎さんにジェダイ(銀河系の平和を守る守護者)のオビ=ワン・ケノービ役をオファーしていた。ご存じのとおり、実現はしなかったが、その経緯を、娘の三船美佳(33才)はこう語っている。

「当時はまだテクノロジーが発達していなかったし、SFは子供向けというイメージも強かった。武士道やサムライ魂を表現するのは不可能では、と考えたようです。それを聞いたルーカスさんは、“じゃあ、ダース・ベイダー役ならどうか”と言ってくださったそう」

 ちなみに、ダース・ベイダーは、ルーカスと彼の父との間の確執を表したキャラクターで、“ダーク・ファーザー”のもじりといわれている。

「vader(ファーダー)は、オランダ語で“父親”という意味なんですよ。ジェダイも、“時代”が由来とか、世界のいろんな文化を引用しているんです」(立田さん)

※女性セブン2016年2月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【東京オートサロン】スバルのレヴォーグ改と茶髪ボブ美女
三船敏郎 スター・ウォーズを子供向け映画だとオファー断る
珠理奈&たかみな&みるきー ベッドの前で3人が肩を組んだ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP