ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナースコールを押しても30分以上放置。やっと来た助産師さんは「もう産まれちゃうよ!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

無事に出産予定日を迎えたものの、陣痛と言われるようなお腹の張りや痛み症状は現れず、予定日にも普通に婦人科へ受診。

診察時には「まだまだ産まれそうにないから、1週間後に入院して出産しましょう」と決まりました。

なんとなく、時々下腹部がチクチクする感覚はあるものの、一定間隔の痛みというものはなくどんどん日にちが過ぎていきました。

予定日から1週間後の入院日を明日に控え、入院準備の確認を終えた朝、なんとなく5~7分間隔で生理痛のような痛みが。。。

出産を経験している友達や姉からは「陣痛は10分間隔で規則的に痛くなるからすぐ分かるよ!」と言われていたので、まだまだだと思い会社へ出かける旦那を見送りました。

少し後に、頭に鳥のフンが落ちてきた!という旦那がお風呂に入るために一時帰宅。

私はなんとなく入院予定日よりも1日早い今日産まれてくるのかな。と感じていました。

旦那は再び会社へ出発。私はなんとなくダラダラ寝転がったりしていると、昼頃には5分間隔位で生理痛のような痛みがあり、昼寝もできない痛さと感じました。

夕方頃になあると3~5分間隔の不規則な痛みが続いた為、病院へ電話して、1日早く入院しましょうと病院へ向かう事になりました。

病院へ到着し、夜20時頃に診察してもらうと助産師さんは「これはまだまだ産まれないから、今夜は家族は誰も呼ばない方がいいわよ」と言われ、立ち会い出産を希望していた旦那にメールで「今日は産まれないから来なくていいよ」と連絡して陣痛に耐えながら分娩室でウロウロ歩くことに。

あまりの痛さで動いていられなくなり、ベッドで横になり部屋のテレビを見ていた所、ものすごい痛い生理痛が短時間にギューギューと出てきて、耐えられずにナースコール!

でも、30分以上誰も来てくれず。。。(泣)

分娩台のベッドには両手、両足部分に握る部分、足のステップなど、いきみやすい場所があったので、両手・両足に力を入れて痛みを逃がすような気持ちで乗り越えていました。

出産経験者には陣痛や出産は「本当に痛いよ!失神しそうだよ!」と言われてた事を考えて耐え抜いていると、痛みのピークは想像以上に痛くならず、死にはしない!という感覚になりました。

やっと見に来てくれた助産師さんが、診察してくれると「もう子宮口5cm以上とかなり開いているから、もう産まれちゃう!早く旦那さんを呼んであげて!!」といきなりの出産宣言をされて、陣痛でハァハァ息切れしている中に、旦那へ電話をかけて、旦那に駆けつけてもらいました。

よくテレビで見るような旦那が背中を擦ったり、うちわであおいでくれるなどの時間は全くなく、どんどん出産の準備が進められ、助産師さんに「もう産まれちゃう」と言われてから1時間半程で無事に元気な男の子を出産する事ができました。

助産師さんたちも、「出産がとっても早かったね~。まだ産まれてこないと思ってたから驚いた」と口々に言われました。

翌日から入院して陣痛促進剤を使っての出産予定だったので、赤ちゃんが自ら産まれてこようとしたのかなぁ~と感じる感動的な瞬間でした。

私は10分間隔の陣痛では無く、初めから5~7分間隔の生理痛のような痛みが出てきたので、10分より短く、不規則な痛みでも陣痛が急に訪れる事を皆さんにも伝えたいです^^

著者:ぱるる☆

28歳の時に、第一子の男の子を出産した、新米ママです。産後、フルタイムで働いていた会社を退職し、現在は持っている管理栄養士の資格を活かせる内職を在宅で行いながら、1歳になった息子の育児に奮闘中!!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

痛いって言わずに産む!ゆっくり長く息を吐くソフロロジー呼吸法で、楽しかった出産体験
想定外に次ぐ想定外!脳浮腫による嘔吐症で、赤ちゃんが国立病院のNICUへ搬送され…
出産中、大泣きしすぎて鼻が詰まり「息が吸えません!」初産より大変だった二人目出産

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP